menu
close

ブログ

虫歯になりにくい “おやつ” とは?

 

 

 

みなさんこんにちは、

池袋駅前歯科・矯正歯科の大野です。

 

みなさんは、普段どのような おやつ” を食べていますか??

私はお菓子が大好きで、お家には必ずチョコレートのお菓子とポテトチップスのストックがあります。

お菓子には沢山の種類がありますが、やはり虫歯になりやすいものもあります!

今回は、虫歯になりにくいおやつなりやすいおやつをご紹介致します!

 

甘いお菓子はなぜ虫歯になるの?

虫歯の原因菌は甘いものが大好きで、糖分をエサにし、口の中で増殖します。

その菌がつくり出す酸で歯の表面のエナメル質が溶け、穴が開き、虫歯になります。

つまり口の中に糖分が長くとどまっているほど菌が増殖し、虫歯になりやすくなるということです!

 

虫歯になりにくいおやつとは?

虫歯になりにくいおやつの条件

  • 糖分が少ない
  • 口の中に長く残らない
  • 歯にくっつきにくい

 

<虫歯になりにくいおやつ>

 

おせんべい、クラッカー、スナック菓子、

芋、スルメ、チーズ、小魚、ナッツ類

 

砂糖不使用のビスケットやクッキー

アイスクリーム、果物、ゼリー

 

お砂糖の代わりにキシリトールを使ったお菓子やガム、タブレット

 

甘いものでも、ゼリーやプリン、アイスクリーム、果物などは短時間で食べ終わり、歯にもくっつきにくいので、虫歯の危険性が低いおやつです。

砂糖の代わりにキシリトールが使われているものはOK

なかでも糖分ゼロのキシリトールガムやタブレットなら、唾液の分泌を促してくれるので、虫歯予防の効果もあります◎

 

虫歯になりやすいおやつ

虫歯になりやすいおやつの条件

  • 糖分が高い
  • 食べるのに時間がかかる
  • 歯にくっつきやすい・詰まりやすい

 

<虫歯になりやすいおやつ>

キャラメル、アメ、ガム、チョコレート、ケーキ、クッキー

食べた後はしっかりケアを

おやつを食べたあとは、歯を磨くか、口の中をゆすいで、食べ物のカスが残らないようにしましょう。 

 

さいごに、、、

 

歯列矯正中でも虫歯の治療は可能です!

少しでもお痛みを感じたり、不安なことがあればスタッフにご相談ください。