menu
close

ハーフリンガル矯正

HALF LINGUAL

ハーフリンガル矯正
「見た目」と「コスト」にこだわりたい方へ

矯正治療を考えてはいるものの、装置が目立つことや費用の高さがネックとなり、一歩踏み出せないと感じている方も多いでしょう。
そのような方々におすすめなのが「ハーフリンガル矯正」です。この治療法は、見た目に配慮しつつ、コストを抑えた矯正治療を実現します。

FEATURES

池袋駅前歯科・矯正歯科のハーフリンガル矯正

一定の臨床評価をクリアした歯科医師が担当

当院では、矯正歯科領域全般にわたる基本的な教育を受けた歯科医師が、高い技術力と豊富な経験を活かして、患者様に最適な治療をご提供してまいります。ハーフリンガル矯正においても、院内で定める厳しい臨床評価をクリアした歯科医師のみが治療を担当するため、安心で確実な治療を受けていただけます。

デジタル技術を駆使した高精度な治療

当院では、先進的なデジタル技術を積極的に導入しています。歯科用CT、口腔内スキャナー、治療シミュレーションなどの機器の活用により、精密な診断と治療計画の立案が可能です。また、治療前後のシミュレーションを視覚的にお見せすることで、患者様により具体的な治療結果をイメージしていただけます。

ハーフリンガル矯正とは

表側矯正と裏側矯正の”いいとこどり”

ハーフリンガル矯正は、表側矯正と裏側矯正を巧みに組み合わせた矯正治療法です。目立ちやすい上顎は裏側に、唇で隠れやすい下顎は表側に装置を装着することで、審美性とコストパフォーマンスを両立させます。

ハーフリンガル矯正と他の矯正治療方法の比較

矯正方法 見た目 痛み・違和感 コスト
ハーフリンガル矯正 上顎のみ目立たない 普通~中程度 中コスト
表側矯正 目立つ 普通 低コスト
裏側矯正 目立たない 強い 高コスト
マウスピース型矯正 ほぼ目立たない 少ない 中コスト

ハーフリンガル矯正のメリット

目立ちにくい矯正装置で、笑顔に自信

ハーフリンガル矯正の最大の魅力は、装置が目立ちにくいことです。上顎の装置が裏側にあるため、人と話す際や笑顔を見せる際にも、治療中であることが気になりません。コミュニケーションの質を落とすことなく治療を進められるため、接客業や営業職など、人と接する機会の多い方にもおすすめです。

裏側矯正よりも違和感が少ない

完全な裏側矯正と比べて舌に当たる部分が少ないため、違和感が軽減されるほか、話し方や滑舌への影響も最小限に抑えられます。また、装置に慣れるまでの期間も比較的短く、快適に治療を進められます。

費用を抑えられる

ハーフリンガル矯正は、上顎のみを裏側矯正にすることで、コストを抑えながらも審美性を保つことができます。高額な費用に躊躇していた方にとって、ハーフリンガル矯正は魅力的な選択肢となるでしょう。

ハーフリンガル矯正の注意点

歯の見え方によっては装置が目立つ場合も

歯並びの状態やお口の開き方によっては、下顎の装置が見える場合があります。しかし、上顎の装置が目立たないため、全体的な印象としては表側矯正よりも目立ちにくくなります。

装着直後は違和感・痛みを生じやすい

装置の装着直後は、お口の中に違和感や痛みを生じやすくなりますが、多くは数日程度で慣れていきます。違和感が長引く場合は、担当医にご相談ください。

歯が磨きにくい

装置の周りは細かいすき間が多く、歯磨きが難しくなります。治療中は丁寧なブラッシングと定期的なクリーニングでむし歯・歯周病を予防していきましょう。

ハーフリンガル矯正で改善できる歯並び

すきっ歯(空隙歯列)

前歯の間に隙間がある状態で、見た目の問題だけでなく、発音にも影響を与えることがあります。

出っ歯(上顎前突)

上の前歯が前に突き出た状態で、口元が緊張して閉じにくくなることがあります。

受け口(反対咬合)

下顎が前に出ており、下の前歯が上の前歯より前に出ている状態で、顔の印象を大きく変える可能性があります。

乱杭歯(叢生)

歯並びが乱れて重なり合っている状態で、歯磨きが難しく虫歯や歯周病のリスクが高まります。

オープンバイト(開咬)

前歯が噛み合わず、口を閉じても隙間ができる状態です、発音や咀嚼に影響を与えることがあります

ディープバイト(過蓋咬合)

上の前歯が下の前歯を深く覆い隠している状態で、顎関節症のリスクが高まります。

ハーフリンガル矯正 治療期間・通院回数について

治療期間 2年~2年半程度
※治療期間には個人差があります。
保定期間 治療期間+半年程度
通院回数 17~43
※通院回数には個人差があります。
通院頻度 3~6週間毎
※通院頻度には個人差があります。

flow

ハーフリンガル矯正の治療の流れ


step 01
初診相談(無料)

まずは無料カウンセリングでお悩みやご要望などをお聞かせください。その後、簡単な検査を行い、治療内容や費用、期間などを詳しくご説明いたします。

step 02
精密検査・診断

レントゲン写真や口腔内写真などを撮影し、歯や顎の状態を詳しく検査します。これらの検査結果に基づいて、具体的な治療計画を作成いたします。

step 03
装置の装着

患者様一人ひとりに合わせた装置を選択し、歯面にブラケットとワイヤーを装着します。上顎は裏側に、下顎は表側に装置を取り付けます。

step 04
定期的な調整

約1ヶ月に1回のペースで来院していただき、歯の動きに合わせて装置を調整します。この過程で徐々に理想の歯並びに近づいていきます。

step 05
装置の撤去・リテーナーの装着(保定)

理想の歯並びに仕上がったら、装置を丁寧に撤去いたします。その後、歯並びを維持するためにリテーナーを装着します。リテーナーの使用方法や管理方法についても詳しくご説明いたします。

fee

ハーフリンガル矯正の費用

カウンセリング
まずはご相談からお気軽にどうぞ。
無料
検査・診断料 35,000円 (税込38,500円)
ハーフリンガル矯正 1,150,000円 (税込1,265,000円)

※矯正歯科治療は公的健康保険の対象外の自由(自費)診療となります。

■トータル治療費に含まれないもの


  1. 治療終了後のメンテナンス料:5,000円(税込5,500円)
  2. 一般歯科治療(虫歯等)

上記の治療費には、治療開始から終了までのすべての料金が含まれています。ただし、治療費は個人差があるため、詳細はカウンセリング時にご説明いたします。

faq

ハーフリンガル矯正のよくある質問

  • ハーフリンガル矯正はどのような人におすすめですか?

    目立たない装置で治療を受けたい方、費用を抑えたい方に適しています。とくに、仕事や社会生活で人と接する機会が多いに方におすすめです。

  • ハーフリンガル矯正の治療期間はどのくらいですか?

    当院における治療期間の目安は、2年~2年半程度です。ただし、歯並びの状態や年齢によって個人差がありますので、詳細な検査を行った後に、より正確な治療期間をお伝えいたします。

  • ハーフリンガル矯正で食事は問題なくできますか?

    硬いものや粘り気のあるものは食べにくいかもしれませんが、通常の食事は問題なくできます。ただし、装置に食べ物が詰まりやすいため、食後は丁寧に歯を磨くことが大切です。

  • ハーフリンガル矯正とマウスピース型矯正、どちらがいいですか?

    それぞれにメリット・デメリットがありますので、ご自身の希望やライフスタイルに合わせて選択することが大切です。当院では、詳しい検査と診断の後、患者様お一人おひとりの状況に最適な矯正方法をご提案いたします。まずは無料カウンセリングにて、お気軽にご相談ください。

患者様の満足度調査を実施しております。

少しでも患者様にとってより良い⻭科医療を提供するため、第三者機関のNPO法人 日本⻭科医療評価機構に依頼をし、患者様の満足度調査を行っています。患者様の率直なご意見をいただき、改善すべき点は真摯に受け止めていきたいと思っています。当院には患者様の個人情報は一切伝えられませんので、是非、皆様の忌憚のないご意見をお聞かせください。

NPO法人 日本⻭科医療評価機構の調査結果は以下バナーよりご確認ください。


日本⻭科医療評価機構がおすすめする東京都豊島区・池袋駅の⻭医者・池袋駅前歯科・矯正歯科の口コミ・評判

※日本⻭科医療評価機構とは日本⻭科医療評価機構は、ネットで⻭医者を検索してみたが、どこに行けばいいか分からない、診療時間や場所のメリットだけではなく、本当に信頼して通える⻭医者を探したい、そんな患者様のために本当に信頼して通える⻭科医院を評価・認定することを目的とした組織です。