menu
close

ブログ

矯正で老け顔になる?失敗しないためのポイント!

こんにちは、池袋駅前歯科・矯正歯科です。

矯正をしてから「老け顔になった」「ほうれい線が目立つようになった」

と聞いたことがあるかと思います。

今日は歯科矯正で本当に老け顔になるのか、

そうならないためのポイントをお話したいと思います。

 

本当に矯正で老け顔になる?

抜歯をして矯正治療をした場合、お顔の印象が変化することがあります。

矯正治療によって口が閉じられるようになったなど、

お顔の変化は良い変化が出る方がほとんどですが、

中には老け顔になってしまったということもあります。

たとえば、大きく前歯を下げると出っ歯は改善しますが、

その分口元のハリが少なくなり、頬がこけ、ほうれい線が目立って

老けた印象となる場合があります。

矯正で老け顔になる原因

①出っ歯が治った

出っ歯の状態だと常に顔の皮膚が外側に引っ張られています。

矯正治療で出っ歯を治すと、皮膚が内側に戻ってきます。

そうすると引っ張られていた分の皮膚が緩み、ほうれい線が濃くなったように

見えてしまうことがあります。

 

②痩せて頬がこけてしまった

矯正治療中は強く咬むと痛みを感じたり、

装置の違和感や咬みづらさから

しっかりと咬んで食事ができなくなる事があります。

咬まなくなると表情筋は衰えてしまい、

頬がこけて痩せてしまうことがあります。

そうなると、顔がしぼんで老けた印象になってしまいます。

 

③もともと口元が出ていなかった

矯正治療開始前に口元が出ていないのに、

抜歯して無理やり前歯を下げていくと、

ほうれい線が目立ったり、鼻の下が伸びて

老けた印象となる事があります。

 

老け顔にならないためのポイント

抜歯治療が自分にあっているのか担当医に確認する

注意しなければいけないのは、「抜歯=老け顔」ではありません!

デコボコを治すのには、矯正治療では抜歯が必要な事がほとんどです。

逆に抜歯をしないで無理やり歯を並べると、

歯が飛び出て口が閉じにくくなってしまうこともあります。

失敗しないために必要なのは、

自分の治療に本当に抜歯が必要かどうかを確認することです。

もし自分の理想とする口元があれば、具体的に伝えてみるのもよいと思います。

歯並びや顎の骨の骨格や唇の厚みは人それぞれの為、

みんなが同じゴールになるわけではありません。

表情筋のトレーニングを行う

食事以外にも表情筋を鍛えることは可能です。

舌を動かす運動や上下の唇やお顔全体を動かすトレーニングがあるので、

そういったものも取り入れ、食事がうまくできないときも

表情筋が痩せてしまわないように注意することができます。

 

ご自身に当てはまることはありましたか?

心配なことがあれば、カウンセリング時に直接聞くのが一番だと思います。

歯並びで悩んでいる方は、まずはカウンセリングに行ってみてください!

当院でも無料カウンセリングを行っておりますので、

皆様の御来院をぜひお待ちしております!