menu
close

ブログ

投稿日:2023.10.7

歯並びを目立たない方法で矯正することはできる?

「できるだけ目立たない方法で歯並びを治したい」と希望される方は少なくありません。

目立ちにくい治療法として透明の装置を使うマウスピース矯正が人気ですが、かならずしも選択できるとは限りません。お口の環境によってはワイヤー矯正のほうが目立たないこともあります。

こちらのページでは、矯正治療が目立つ原因や解決方法について分かりやすくまとめました。現在治療中の方はもちろん、矯正治療をご検討中の方もぜひご参考ください。

歯並びを目立たない方法で治すには?

矯正治療は、治療法によって目立ちやすさが異なります。人目につきたくない場合は、透明な装置を使用するマウスピース矯正とワイヤー矯正の裏側矯正がおすすめです。

ワイヤー矯正の目立ちにくい裏側矯正とは?

裏側矯正 リンガルブラケット 見えない

裏側矯正は、装置を歯の表面ではなく裏面につけて行う治療法です。正面からは装置が見えないため、矯正治療中であることを知られる心配がありません。

目立たない治療法をご希望の方には基本的にマウスピース矯正をおすすめしますが、治療の精度はマウスピース矯正よりもワイヤー矯正のほうが上です。難しい症例だとワイヤー矯正に限定されるケースも少なくありません。難しい症例で、かつ審美性を重視する方には、ワイヤー矯正でも目立たない裏側矯正もしくは白や透明のブラケット、ワイヤーを使用した表側矯正をおすすめします。

かならずしもマウスピース矯正ができるわけではない理由

池袋 矯正 歯科矯正 歯並び マウスピース

歯のズレが大きすぎたり、抜歯が必要なケースでは、マウスピース矯正単体では治療が難しい場合があります。

1本1本に装置を貼り付けて動かすワイヤー矯正は、歯の高さを上げたり、部分的に動かすのが得意なため、マウスピース矯正とワイヤー矯正を併用して治療をすすめるケースも珍しくありません。歯のズレが大きい場合は、先にワイヤー矯正を行って途中からマウスピース矯正に切り替えるやり方もあります。

歯科医院によって治療方法は異なるため、まずは相談してみるのがおすすめです。

治療方法のほかにも目立ってしまう原因は存在する

池袋 矯正歯科 歯並び 歯列矯正 矯正 

矯正治療が目立つ原因は、治療方法だけではありません。本来であれば目立ちにくいマウスピース矯正でも、お口の環境によってはワイヤー矯正より目立ってしまうことがあります。

きれいな状態をできるだけ維持したい方は、以下の点に気をつけてください。

歯や装置の着色汚れ

歯や装置、ゴムなどに色がつくと、通常よりも目立ってしまいます。とくにゴムはカレーやスパゲッティ、ワインなど色の濃いものを口にすると、一発で色がつくこともあるため注意が必要です。

歯と歯の間にできた虫歯

虫歯が進行して黒くなると、その部分だけ目立つようになります。とくに前歯のむし歯は笑ったときや話すときに見えるため、注意しなくてはいけません。

ワイヤー矯正は、ワイヤーがあることでフロスが通しにくく、歯と歯の間の虫歯が発生しやすい傾向にあります。

被せ物の金属部分の露出

歯ぐきが下がって被せ物の金属部分が露出すると、根元が黒ずんで見えるため目立ちやすくなります。歯ぐきが下がる原因は、磨き残しや歯周病だけではありません。矯正治療中にかみ合わせが崩れて力が一部に集中しすぎたり、強すぎる力で歯を動かしたりした場合も、歯ぐきが下がる傾向にあります。

歯ぐきの出血

マウスピース矯正で装置をはめているときに出血がおこると、中に血液が溜まってワイヤー矯正よりも目立つ可能性があります。

目立ちにくい治療をするには、治療方法だけに頼るのではなく、歯や歯ぐきの状態の管理もしっかりすることが大切です。

目立ってしまう原因の解決方法は?

矯正歯科

できるだけ目立たない状態で歯並びを良くしたい方には、以下の方法がおすすめです。

矯正治療中でなくても有効ですので、トラブルを抑えたい方はぜひ習慣化してください。

色のつきやすい食べ物や飲み物を控える

カレーやスパゲッティ、麻婆豆腐、コーヒー、ワインなど色の濃い食べ物や飲み物を頻繁に摂取すると、着色がつきやすくなります。歯と歯の間や詰め物との境目などに入り込んだ着色汚れは、通常の歯磨きではもちろん、専用の機械を使っても100%きれいにすることはできません。矯正中はできるだけ色のつきやすいものは控えて、口にしたときはすぐに歯磨きやうがいをして洗い流しましょう。

ゴムが変色した場合はすぐにつけ直しが可能ですので、歯科医院へご連絡ください。

クリーニングを定期的に受ける

クリーニングでは、普段のお手入れでは落とせない汚れを除去できます。定期的に受けることで着色もつきにくくなり、虫歯や歯周病、口臭予防にも効果的です。

清潔感を保ちながらきれいな歯並びを目指しましょう。

虫歯治療を受ける

矯正治療中は、装置があることで虫歯のリスクが通常よりも上がります。そのため、基本的に虫歯がある状態で矯正治療は始められません。

矯正の途中で虫歯ができた場合は装置を外して治療を行う必要があり、治療期間が延びる原因になったり、マウスピース矯正の場合は装置の作り直しになることもあります。

スムーズな治療にするためにも、矯正中は虫歯予防を徹底しましょう。

歯周病治療を受ける

歯周病は強い痛みを伴わないため、虫歯よりも進行具合が分かりにくく、一見以前と変わってないようにみえてもレントゲンで確認すると進行しているケースが少なくありません。矯正中は歯が常に動いている状態になることから歯周組織への刺激が多く、通常よりも変化に気づきにくい傾向にあります。悪化して歯ぐきの出血量が増えるとどんどん目立ちやすくなるため、早めの治療がおすすめです。

矯正前の治療はもちろん、矯正治療中に歯周病になった場合も早期治療を心がけましょう。

丁寧にお手入れをする

丁寧にお手入れをすると、歯や装置に着色汚れがつきにくくなるだけでなく、虫歯や歯周病による出血の予防にも役立ちます。フロスや歯間ブラシなどの補助用具を使用すると、汚れの除去率がアップするので、1日1回は使うようにしてください。

被せ物の作り直しを検討する

被せ物の金属が見えていると、どうしても見栄えが悪くなります。とくに前歯は目につきやすいため、注意しなければいけません。歯ぐきが下がっても審美性を保ちたい方は、被せ物の種類は金属を含まないものを選ぶようにしましょう。

すでに歯ぐきが下がってきて金属が見えている場合は、被せ物を作り直すのがおすすめです。ただし、矯正治療中の作り直しは一定期間装置が使用できなくなるため後戻りのリスクが大きく、歯並びを整えたあとに行う場合もあります。

定期検診を受ける

定期検診を受けると、虫歯の有無や歯周病の進行状態を確認したり、普段落とせない汚れをクリーニングで除去できます。トラブルを未然に防ぎたい方や、矯正治療を最短で終わらせたい方、清潔な状態を維持したい方におすすめです。

矯正中のトラブルには患者様自身では気づきにくいものもあるため、定期検診は忘れずに受けるようにしましょう。

目立たないように工夫をすることでお口の健康も維持できる

目立たない矯正治療をするには、治療方法だけでなく虫歯や歯周病、入れてある被せ物の状態などを確認して、問題があれば早めに解決することが大切です。

工夫をすることでお口の環境が整い、全身の健康にもいい影響を与えますので、お口の環境を今一度確かめてみましょう。

目立ちにくい矯正治療をご希望の方は当院までご相談を

池袋 矯正 歯列 歯並び 矯正歯科

矯正治療を目立ちにくくするには、マウスピース矯正や裏側矯正がおすすめです。着色汚れや虫歯、歯周病などが原因で目立つ場合もあるため、自覚症状がなくても定期検診は受けるようにしましょう。被せ物の金属が気になる場合は、矯正治療前に治しておくことをおすすめします。

審美性の高い矯正治療をご希望の方は、ぜひ当院までご相談ください。

★無料カウンセリングのご予約は→【コチラ

★矯正治療の料金表は→【コチラ

患者様の満足度調査を実施しております。

少しでも患者様にとってより良い⻭科医療を提供するため、第三者機関のNPO法人 日本⻭科医療評価機構に依頼をし、患者様の満足度調査を行っています。患者様の率直なご意見をいただき、改善すべき点は真摯に受け止めていきたいと思っています。当院には患者様の個人情報は一切伝えられませんので、是非、皆様の忌憚のないご意見をお聞かせください。

NPO法人 日本⻭科医療評価機構の調査結果は以下バナーよりご確認ください。


日本⻭科医療評価機構がおすすめする東京都豊島区・池袋駅の⻭医者・池袋駅前歯科・矯正歯科の口コミ・評判

※日本⻭科医療評価機構とは日本⻭科医療評価機構は、ネットで⻭医者を検索してみたが、どこに行けばいいか分からない、診療時間や場所のメリットだけではなく、本当に信頼して通える⻭医者を探したい、そんな患者様のために本当に信頼して通える⻭科医院を評価・認定することを目的とした組織です。