menu
close

ブログ

過蓋咬合を治したい方へ

過蓋咬合を治したい方へ

一言で過蓋咬合といっても、その原因はさまざまで、治療法も1つではありません。
最適な治療を行うには、まず過蓋咬合になった原因をはっきりさせる必要があります。
こちらのページでは、過蓋咬合を治すメリットや最適な治療法について分かりやすくまとめました。矯正治療をご検討中の方は、ぜひご参考ください。

矯正 

過蓋咬合を矯正治療で治す5つのメリット

歯列 自信

1.奥歯が低くなるのを防ぐことができる

過蓋咬合を放置すると、奥歯へ強い圧がかかり続けて歯の高さがどんどん低くなっていきます。お顔の見た目も変わりますので、コンプレックスがさらに悪化する恐れがあります。

2.奥歯が欠けたり割れたりするリスクを抑えられる

奥歯に神経を失った歯がある場合は、圧がかかりすぎることで割れて抜歯になる可能性が高いため、注意が必要です。
奥歯は食べ物を噛むためには欠かせない部位ですので、圧がかかりすぎないよう矯正治療で全体のバランスを整えることが大切です。

3.前歯の先端で歯ぐきを傷つけることがなくなる

重度の過蓋咬合だと、下の前歯の先端で口蓋の歯ぐきを傷つけることがあります。
歯の高さや噛み合わせを整えることで下の前歯が歯ぐきに当たらなくなり、傷つく心配がなくなります。

4.全体でバランスよく噛めるようになる

全体でバランスよく噛めるようになると、歯や筋肉、顎関節にかかる負担が最小限になり、歯の破折や輪郭の歪み、顎関節症などトラブルのリスクを抑えることができます。

5.見た目に自信がつく

過蓋咬合は顎が短くみえることが多い歯並びです。矯正治療をすると顎のバランスが整うため、見た目にもいい影響を与えます。

過蓋咬合の最適な治療法は?

過蓋咬合の原因が歯にある場合は、矯正治療のみで治すことができます。
マウスピース矯正での治療もできますが、奥歯を引き上げる必要がある場合は、ワイヤー矯正を一時的に併用して行うことも少なくありません。
歯ではなく顎骨の大きさに問題がある場合は、外科手術が必要になることもあります。

精密検査後に最適な治療法が決定する

かみ合わせ 口腔内スキャン 池袋

同じ過蓋咬合でも原因によって治療法は異なります。歯や顎骨の状態を正しく把握できなければ、最適な治療法を導き出すことはできません。
精密検査では、レントゲンや歯科用CT撮影をして、歯や顎骨の位置・形を細かく確認し、模型を作って噛み合わせの状態を調べます。また、口腔内やお顔のお写真を撮影し、治療開始後の変化の確認や、モチベーションの維持に役立てます。
痛みをともなう検査はありませんのでご安心ください。
精密検査後は、結果をもとに治療計画を立案して患者様へご報告します。治療にかかる期間や細かい費用についてもそのときにお伝えします。

過蓋咬合でお困りの方は一度ご相談ください

池袋、矯正

過蓋咬合を放置すると、奥歯に強い圧がかかり続けることで今以上に歯が低くなったり、前歯の先端で歯ぐきを傷つけたりなどトラブルがおこりやすくなります。
どのような治療法が向いているのかを調べるには、精密検査が必要です。しかし、精密検査を受けたからといって、かならず矯正治療を受けなければいけないわけではありません。治療計画の内容に同意いただけた場合にのみ矯正治療のご契約にすすみますので、ご安心ください。