menu
close

ブログ

私と歯列矯正の関わり

皆さん、こんにちは!池袋駅前歯科・矯正歯科 歯科衛生士の稲玉です^^
今回は自己紹介をはじめに、なぜ歯科衛生士になったのか、なぜ矯正歯科で働く事を選んだのかなどをお話していきたいと思います。

歯科衛生士の存在

私の父は歯科医師で、母は父の経営する歯科医院で歯科衛生士として勤めていました。
私が子どものころはよくクリニックで兄弟で両親の仕事が終わるのををそこで待つ。という事がよくありました。なので私にとって”歯医者”とはとても身近な存在でした。
親の働く姿をみてきていたので中学生くらいから”歯科衛生士になりたい”と、ぼんやりと思うようになっていました。

歯科衛生士という仕事は浦木さんのブログにも書いてありましたが、

●国家資格である少ない
●夜勤が残業がほぼない
のはもちろん、コンビニより多いと言われてるだけあって
●働き先がみつけやすい
●復職しやすい
というところが魅力的かなと思います。
歯科衛生士は”専門職”ですので、という点で大学では座学にに実習に大変苦労しましたが、歯科衛生士になってよかったと思ってます☺︎
歯科衛生士 池袋 矯正

歯列矯正について

私が矯正を始めたのは小学2年生の時でした。永久歯が生えてきてる最中です。
上顎乳側切歯(上の前から数えて2番目の歯)が、生え変わりの時期になってもなかなか自然に抜けませんでした。当時の私は麻酔の注射が怖かった為、乳歯をいいタイミングで抜いてもらわず、その結果、永久歯が後ろの方に生えてきてしまいました。
その引っ込んで生えてきた歯を前に出すため矯正治療を始める事になったのですが、いざ治療が始まると、矯正装置にゴハンが詰まったり、舌が引っかかって痛かったりして、とても辛い思いをしました。しかし、今思えば、あの時に矯正をしておいて良かったと、心の底から思います。親と環境に感謝です🌼

しかし!!

矯正治療によって歯並びは整ったものの、今度は上顎側切歯の矮小歯(わいしょうし)が気になり始めました。
矮小歯とは通常の大きさより小さい、このような歯です↓


中学生・高校生になると写真を友達と撮る機会が増え、矮小歯がどんどんコンプレックスになっていったのですが、
大学生の頃に矮小歯をセラミックで被せる治療をしました!
たった一本の歯を治療しただけでこんなにも笑顔の印象が変わるのかと、とても感動しました。コンプレックスを解消すると自分にも自信がつきます!!☺︎

これらの経験から

”私と同じように歯並びや歯の形にコンプレックスがある方の手助けをしたい!!”

と思い矯正・審美歯科の医院で勤めることに決めました。
当院の矯正カウンセリングにて私と同じ矮小歯で悩まれ相談にきてくださる方もたくさんいます。

矮小歯の治療方法は何種類かあるので、患者様にあったものを提案させていただいてます。
今度また治療方法についてブログでもお伝えしていきます。

患者様との関わり

歯列矯正は大体完了するのに大体2〜3年かかることが多く、費用も高額ですし、患者様の中には何件もカウンセリングにまわって当院に決めて下さった方もいらっしゃいます。

患者様に、ここに通ってよかった!と安心して通っていただけるよう努めてまいります。🌿
私自身、患者様とのコミュニケーションを1番大事にしており、”相談のしやすい”と思っていただけるように心掛けています。

最近では私が韓国が好きなので患者様からおすすめの韓国ドラマの話やアイドルの話など
プライベートな話もさせていただきとても嬉しく思っています。😊

最後に

私事ですが、最近インビザライン(マウスピース矯正)を始めました。


始めはとても話しにくかったのですが、2週間くらいで大分慣れてきました。
まだまだ先が長いですが患者様とともに頑張ります!

今まで矯正も、セラミック治療も経験してきたので、
その経験を生かし患者様の気持ちに寄り添っていければと思います!

最近では当院でやっているボツリヌス治療もされる方が増えてきました。
食いしばり・歯ぎりしなどある方に対して咬筋にボツリヌス製剤を注射して咬筋の緊張を和らげる治療です。
私も何回か打ってるので気になる方は気軽にご相談下さい!パンフレットもお渡ししてます。

口元を手で隠して笑うのではなく自信もって歯を出して笑えるように、綺麗になるお手伝いができればと思います。
審美・矯正をお考えの方カウンセリングも行っておりますので費用面やどの装置があっているのかなど相談してください♪詳しい矯正の治療費はこちら>>>

見ていただきありがとうございました!今後ともよろしくお願いいたします。