menu
close

ブログ

矯正の装置が外れる??

矯正の装置が外れる??

矯正の装置が外れることがあるってご存知でしたか??
そして矯正の装置が外れてしまうことはよくあります!
なぜ外れてしまうことがあるかというと、歯がきれいに並んだら装置を外していきます。
その際に歯から外れないということが起きないためです。歯に傷がつかないようにつけておりますので、外れてしまうことが起きてしまいます。
今日はどんな時になぜ外れてしまうのか、また外れてしまったらどうしたらいいのかお話していきます。

外れてしまう装置とは?

①ブラケット

池袋 矯正 歯並び

上の写真の歯についているぼこっとしている装置です!これがブラケットと言います。
一番外れてしまう可能性が高いです!

②ワイヤー

ワイヤーに関しては上記のブラケットから外れてしまう場合があります!
外れてしまったことでお口の中に刺さってしまう場合があります。

③バイトアップ

裏側矯正 池袋

上の写真の歯に盛られている青い材料のことを言います。
ワイヤーとブラケットは歯を動かしていくために付けていますがこのバイトアップと呼ばれるものは歯を動かしていく中で自分の歯が装置に当たるのを防いだり、、
歯を動かすことをスムーズに行えるようにつけています。

④ボタン

矯正ゴムかけ

裏側矯正をした際ゴムかけに使うボタンがあります。(ゴムかけについてはこちらをご覧ください)
それが外れてしまうこともあります!

矯正器具が外れてしまったらすること!

まずはかかりつけ医にお電話しましょう!
ずっと外れたままにしておくと、歯が動かなくなり矯正の期間が延びてしまいます。
当院ではお電話をいただきましたら、近いお日にちで付け直しをさせていただきます。
また、外れてしまったものは持って来てもらうようお願いしていますので、無くさないように保管しておいてください。

矯正器具が外れてしまう原因

装置が外れてしまう原因はいくつかございます。

①硬いものを食べたとき!

矯正中の方はご存じかと思いますが、おせんべいのような硬いものを食べてしまった場合装置が硬さに負け取れてしまう場合があります。

②粘性の高いものを食べたとき!

キャラメルやガムなどを食べたときに食べ物の粘性に装置が持っていかれて外れてしまうことがあります!!

食べ物は以外にも外れる原因になりやすいです!
かといって絶対に食べてはいけないわけではありません。硬いものはゆっくり噛むなど少し工夫をしてみてくださいね☺

③無意識に装置を触る癖がある方!!

特に裏側矯正だと舌などで触りやすい場所にあります。
気になって触ってしまうと唾液などで粘着力が弱くなってしまう可能性があります。
触りたい気持ちはグッと抑えてください((+_+))

④歯医者側の原因

矯正装置(ブラケット)をつける際には歯を乾かしてから装着していきます。
その際唾液等がついていて、乾いていなかった場合は装着が外れてしまう原因になります。

上記のように様々な要因があります。
矯正中の方もこれから始める方も、できる範囲で気にして生活してみてくださいね!
装着が外れて放っておくと矯正期間が延びてしまう可能性もありますので気がついたらまずかかりつけ医に連絡してみてくださいね☺

池袋 矯正 歯列 歯並び 矯正歯科

矯正をこれから考えている方は是非一度相談に来てみてください。相談はこちらから!
※未成年の方、学生の方(大学生も含む)は保護者と来ていただくか保護者の同意書が必要です。