menu
close

ブログ

矯正で使用する「リンガルボタン」ってなに!?

本日は矯正で使用することの多い「リンガルボタン」についてご説明します!

リンガルボタンってなに??

矯正 ゴムかけ

リンガルボタンとは矯正の際歯の動きを助けてくれるボタンのことです!
表側矯正、裏側矯正、マウスピース矯正どの方法でもつけることがあります!
歯の表や裏どちらにもつけることがあります!
ボタンをつけ主にゴムを使って歯を動かしていきます
上の前歯を下げたり、下の前歯を下げたり、噛み合わせを整えたりするのに使っていきます!

どんな種類がある?目立つ?

リンガルボタンは主に
◎金属製のシルバーのもの
◎フックがついた金属製のシルバーのもの
◎プラスチック製の透明な素材でできた目立ちにくいもの
当院では主にこういったものを用意しております!用途によってその都度使い分けています
ボタンが表について目立ってしまう心配があると思うのですが当院では笑った際に見える歯にはクリアな素材のものを使い
なるべく目立たないようにしています!
せっかく裏側で目立たないような装置にしているのに・・・って思う方もクリアな素材であれば目立たないので安心していただけます。

リンガルボタン痛い?

歯につけるリンガルボタン、突起のようなものがつくので矯正の装置を着けたときと同じで最初は慣れないため口内炎や頬を噛んでしまうことなどもあります・・・!
初めは慣れないのですが装置をつけたときと同じでだんだんとなれてくるので安心してください
矯正用のワックスなどつけて対策したりもしますが、だいたいの場合一週間ほどでなれてきます!
リンガルボタンを利用してご自身でゴムかけを行っていただく場合もありますがそちらも最初は付けづらいですが一週間程でなれてくると思います!
色々な用途で使っていくのですが必要なくなれば外せるので安心してください

リンガルボタン外れちゃった!どうしたらいい??

リンガルボタンにはゴムをかけることが多いためゴムの力でたまにボタンが外れたり、装置と一緒で外すときを考えた外しやすい光で固める接着剤をつかっているのでつけたばかりの日は特に外れやすかったりします!
付けてから24時間は装置と一緒で外れやすく、特につけてから1.2時間は食事を控えたほうが外れにくいとは思います!
池袋駅前歯科・矯正歯科では営業時間内であれば急患対応を行っているのでお電話していただければ付け直しのアポイントを取らせていただきます!
ご自身でゴムかけしているところのボタンが外れてしまった場合はつけるまでの間一時的にゴムかけストップしていただくこともあります!