menu
close

ブログ

歯科矯正は狙った部分だけ矯正できるの?

「1本だけ気になる歯があるけど、そこだけ治すことはできるの?」と疑問に感じていませんか?

部分矯正であれば狭い範囲での治療が可能です。しかし、歯のズレや部位によっては全体矯正が必要になることもあるため、歯科医院では精密検査をして正確な診断を行います。

こちらのページでは、部分矯正の特徴や条件について分かりやすくまとめました。ぜひご参考ください。

1本の歯だけを動かして整えるのは難しい

池袋 矯正 

歯を部分的に動かして歯並びを整える治療法を「部分矯正」といいます。少ない本数や狭い範囲が対象ですが、部分矯正を行うにはいくつかの条件が存在し、かつ1本の歯だけを動かして治すことはできません。たとえズレている歯が1本だけだったとしても、周囲の歯も含めて調整する必要があるため、ワイヤー矯正の場合だと最低でも6本の歯に装置がつきます。

マウスピース型の装置を使用するマウスピース矯正の場合は、全体を装置で覆う必要があり、見た目的には全体矯正と変わりません。

部分矯正で対応できないケースは?

池袋 矯正 歯列矯正 歯並び ワイヤー矯正

部分矯正を行うには、いくつかの条件をクリアしている必要があります。

以下にあてはまる場合は、基本的に部分矯正の対象外です。

歯のズレが大きすぎる場合

歯のズレが大きすぎると歯を並べるためのスペースが必要になるため、状態によっては抜歯を行います。抜歯をする部位は見た目や噛み合わせに支障がでにくい4番目か5番目の歯が多く、患者様が部位を決めることは残念ながらできません。

抜歯をしたスペースを埋めるには全体の歯を動かす必要があるため、部分矯正ではなく全体矯正で対応します。

奥歯にズレがみられる場合

部分矯正は基本的に「前歯のみ」が対象です。

奥歯は噛み合わせに影響がでやすいことから、全体矯正で整える必要があります。無理に部分矯正で奥歯を治そうとすると、噛み合わせが余計に悪くなってしまう恐れがあります。

対象の歯がインプラントの場合

矯正治療で歯を動かすには、根っこ周囲に存在する「歯根膜」という組織が必要です。

人工の歯根であるインプラントには歯根膜がないため、圧をかけても動かすことができません。部分矯正だけでなく全体矯正でも同じです。

部分矯正で対応できるケースの特徴

歯並び 矯正 きれい

以下の条件にあてはまっている場合は、部分矯正で対応できる可能性があります。

最終的な診断は精密検査後となるため、まずは一度当院へご相談ください。

歯のズレが大きすぎない

歯のズレが小さいケースは抜歯がいらないため、部分矯正で対応できます。しかし、どの程度が「小さい」に当てはまるのかについてはお口の状況によって異なります。精密検査を受けて最適な治療法をみつけましょう。

原因の歯が前歯である

基本的に前歯は、動かしても噛み合わせに影響しません。そのため、部分矯正で対応できます。

歯のズレ具合によっては全体矯正が必要になりますので、歯科医院で確認することをおすすめします。

むし歯や歯周病ではない

矯正治療中は健康な状態でもむし歯や歯周病のリスクが上がります。すでにむし歯や歯周病がある場合は、先にそれらの治療を優先しなくてはいけません。とくに歯のグラつきがみられる重度の歯周病の場合は、矯正治療で歯を動かしても安定しないことから注意が必要です。

歯並びが部分的に気になる方は当院までご相談を

池袋 矯正 歯列

 

部分矯正を行うには「歯のズレの大きさ」や「部位」「むし歯や歯周病の有無」など、いくつかの条件をクリアする必要があります。また、たとえ問題が1本の歯だけにみられたとしても1本だけに装置がつくということはありません。どのような治療を行うかを事前に理解することで、納得のいく治療につながりやすくなるでしょう。

当院では部分矯正と全体矯正の特徴や違いについて事前に分かりやすく説明しています。お悩みの方はお気軽にご相談ください。

♦カウンセリングのご予約は▷▷▷コチラ