menu
close

ブログ

歯の表面のザラザラはなに??

歯の表面のザラザラの原因は?

池袋 歯並び 矯正

歯の表面や隙間がザラザラして気になったことはありませんか?
歯の表面がザラザラする原因やどんな悪影響があるのかをみて、対策までしちゃいましょう!!

【原因】

①歯垢(プラーク)や歯石がたまっている

原因として一番多いのが歯垢がたまっていることです。
歯垢とはプラークとも言われ、磨き残しや食べかすが原因となります!
プラークの形成は、食後4時間~8時間程度といわれています。歯垢(プラーク)は歯磨きでも落とすことが出来ますが、歯垢が歯石化すると歯磨きでは落とせない強固な汚れとなってしまいます、、、
毎日の歯磨きで磨き残しを出来るだけ少なくしていきましょう!!

②初期むし歯

初期虫歯は痛みを感じにくためご自身で気づくのは難しいかもしれませんが、ザラザラした感じがするのは、もしかしたら初期う蝕が原因かもしれません!!
歯の表面が溶けてしまうと白くざらざらした状態になることがあります
定期的に検診をうけ、初期う蝕にも気づけるようにしましょう!(^^)!

③歯の表面の傷

歯磨き粉の成分で着色汚れを落とすための研磨剤というものがあり、研磨剤の粒子が荒いもので強く磨いてしまうと歯の表面に小さな傷が付いてしまうことがあります。歯の表面が傷付いていると、舌で触れた際にザラザラ感を感じることもあるかもしれません!!
歯ブラシは100~200g程度の力で優しく磨くのが良いと言われています。グラムで考えるとすごく難しいですが、歯ブラシの毛先が歯にあてたときに広がらない程度に力で磨きましょう!!
一生懸命磨こうとすると力が入ってしまう💦そんな方は歯ブラシの持ち方を鉛筆のようにすると、余計な力が入りにくくなるのでぜひ試してみてくださ(^^♪

【歯の表面がザラザラするときの対処法】

セルフケア

池袋 矯正 歯磨き

毎日歯磨きをしているけど歯がザラザラする気がする、、、そんな時はありませんか?
歯ブラシを使った歯磨きで取れる汚れは6割程度と言われています。
歯と歯の間や歯並びがガタガタしているところには汚れが残りやすいです。
磨き残しを少しでも少なくするには、「歯間ブラシ」や「フロス」、「タフトブラシ」などを上手に使いこなせるようになりましょう!!歯と歯の間には「歯間ブラシ」「フロス」を使用し、歯並びがガタガタしているところや、奥の歯ブラシが届きにくいところ、矯正装置の周りなどは「タフトブラシ」を使って磨いてみましょう!!
みがきにk

特に、歯垢や歯石がつきやすい前歯の裏側は、歯ブラシを縦にしながら毛先を歯の裏にしっかり押し当て、上下に動かすようにして磨きましょう。

ご不安なことや気になる事がございましたら
お気軽にスタッフにご相談して頂ければと思います!!!