メニュー

ブログBlog

歯と口の健康週間(6月4日~6月10日)口腔ケアについて

皆様初めまして。

5月より横浜駅前歯科・矯正歯科より異動して参りました、歯科医師の山崎です。

少しでも多く皆様のお手伝いができるように努めて参りますので、よろしくお願いいたします。

 

本日は、矯正治療を円滑に進めていくためにお口のケアについてご紹介します。

6月4日から6月10日まで「歯と口の健康週間」というものが実施されます。

厚生労働省、文部科学省、日本歯科医師会、日本学校歯科医会が実施している週間です。

1928年(昭和3年)から1938年(昭和13年)まで日本歯科医師会が、「6(む)4(し)」にちなんで6月4日に「虫歯予防デー」を実施していました。そして2013年(平成25年)より「歯と口の健康週間」になっています。

矯正を進めていくうえでも、お口の中のケアは大切ですので、ワイヤー矯正の方にご案内している口腔ケアグッズをご紹介します。

 

エンドタフトブラシ

通常の歯ブラシよりも先が細いブラシになります。

装置やワイヤーまわり等、歯の汚れが歯ブラシでは届きにくい場所にアプローチしていきます。

ワイヤーよりも上側と下側など多方面からブラシの先を当てて、小刻みに揺らしながら丁寧に矯正装置と歯を磨いていきましょう。

また、抜歯をされた患者様は、抜歯をした歯と向かい合っている歯の面に汚れが溜まりやすくなりますので、そちらもこのエンドタフトブラシでアプローチをしてみてください。

 

歯間ブラシ

エンドタフトブラシでも、汚れが除去できない場合に使用していきます。

ワイヤーと歯面の空間に歯間ブラシをいれ、細かく上下しながら、矯正装置と歯面を磨いていきましょう。

ここで気をつけて頂きたいことは、歯間ブラシを入れたままワイヤーを強く引っ張ってしまうと、装置が外れたりワイヤーが破損してしまう恐れがあります。鏡を見ながら丁寧に磨いて下さい。

 

ワックス

補足になりますが、当院ではこちらのワックスも装置を初めて装着した日に患者様へお渡ししております。

まだ装置に慣れていない時に、どうしても装置やワイヤーに舌や頬粘膜が当たってしまい痛みが出たり、口内炎になる方がいらっしゃいます。そのような場合の応急処置としてのカバー材になります。

まずお痛みの原因となっている装置部位をティッシュなどで水分をふき取り乾燥させてください。

そして該当箇所を保護するようにワックスを装着し、装置となじませてお使いください。

ワックスを取り換えるタイミングとしましては、お食事前に古いものを外していただき、歯磨きを終えた後に新しいものを装着するようにしてください。

 

ワイヤー矯正をしていくなかで、慣れるまでのお口のケアは大変かとは思いますが、素敵な歯並びを手に入れていくために一緒に頑張りましょう!

また、虫歯・歯周病予防は矯正をしていくなかで重要ですので、お近くの一般歯科様での定期検診も重ねておすすめ致します。

 

ご清聴ありがとうございました。

 

 

 

« »

カウンセリングのご予約
・各種お問い合わせは

WEBからのご予約はこちら お電話でのお問い合わせ・ご予約・無料カウンセリングはフリーダイヤル0120-888-359

ご予約・カウンセリングの
お申し込みはこちら

WEBフォームからお申し込み 電話でお申し込み フリーダイヤル0120-888-359
閉じる