menu
close

ブログ

日本人で受け口の人の割合は何%?

こんにちは、池袋駅前歯科・矯正歯科です。

今日は悪い歯並びの一つである

「受け口」についてお話したいと思います。

受け口とはどんな状態?

受け口とは前歯の咬みあわせにおいて上の歯より下の歯が前に出て咬んでいる状態のことです。

専門用語では「反対咬合」と呼ばれます。

ちなみに正しい咬み合せとは上の歯が下の歯より前に2~3mm出ており、

2~3mmかぶっている状態です。

日本人では受け口の方は約3%ほどで、

世界的に比較すると受け口の傾向が高いといわれています。

というのも日本人は人種的に上顎骨の発達が悪く、

上顎が小さいと受け口になりやすくなります。

受け口は遺伝?

受け口になる原因は先天的な遺伝要因と後天的な環境要因に分かれます。

骨の成長が原因の受け口は遺伝的な要因が強く関係しています。

そのためご両親やご家族の中に受け口の方がいる場合、

お子さんも受け口になる可能性が高くなります。

環境要因としては成長期に顎の骨の成長を助長するような癖をしていた場合、

具体的には舌で前歯を前に押すような癖や、舌の位置が下の歯に当たっているような低位舌などです。

 

 

受け口の種類と治療方法

①歯槽性反対咬合

上の歯が内側に倒れてしまっている、もしくは下の歯が前に傾いてしまっていることが原因で

咬みあわせが反対になっている状態です。

治療方法

矯正治療により歯の傾きを整えることで治療可能です。

②骨格性反対咬合

上顎の骨小さい、もしくは下顎の骨が大きいことが原因で

咬み合せが反対になっている状態です。

骨格性の場合、横からお顔を見たときに下顎が前に出ていることが多いです。

 

治療方法

骨の大きさのずれを治すには外科的な手術が必要です。

状態によって下顎だけの手術もしくは上下両方の顎の手術となります。

ただし手術をしなくても一般的な矯正治療だけでも治療可能なこともあります。

③機能性反対咬合

上下の歯の生え方でうまく咬みあわせができなくて、

下顎を前に出して咬む癖が付いてしまった状態です。

歯がデコボコしていることが多いです。

治療方法

矯正治療をすることで歯の並びを整えて咬みあわせを改善することで治療できることが多いです。

 

受け口で悩んでいたら

ご自身の歯並びに近いものはありましたでしょうか?

受け口といっても治療方法は様々なので、ぜひ一度ご相談にいらっしゃってください!