menu
close

ブログ

投稿日:2024.5.10

大人の歯科矯正にかかる期間はどれくらい?

こんにちは、池袋駅前歯科・矯正歯科です。
今回は大人の歯科矯正にかかる期間はどれくらいかについてお話ししていこうと思います。
元の歯並びや、部分矯正、全体矯正、抜歯矯正、外科矯正など行う治療によって治療期間が変わってきます。
装置にもよるためワイヤー矯正(表側、裏側)かマウスピース矯正かによっても期間が変わってきます。

部分矯正

部分矯正

部分矯正は主に上だけだったり、下だけ、前歯6本だけだったりもあります。
動かす歯の本数が少なく抜歯もないため全体矯正よりは期間は短く1年ほどで終わることが多いです。
ただすべての人に適応なわけではなく噛み合わせや前歯を下げたいなどには向いていません。
軽度の歯の重なりなどに適応することが多いです。
ただ期間が半年や1年で終わったとしても保定は骨が安定する1年はしっかり使って頂かないと後戻りしてしまいます。
池袋駅前歯科・矯正歯科のスタッフも最近部分矯正をはじめました、いつ頃綺麗にならんでくるかみんなで楽しみにしてます!

全体矯正

①ワイヤー矯正
裏側矯正
全体矯正は上下の歯(親知らず以外)を対象とした矯正のことをいいます。
装置は表側矯正、裏側矯正、ハーフ(上は裏側、下は表側)に装置が付くものや、マウスピース矯正などあります。
カウンセリングでよく装置によって期間が変わると聞いたとおっしゃる方が多いです。
1番多い質問に裏側矯正は時間がかかると聞いたというのがあります。
以前は裏側矯正は時間がかかると言われていましたが、技術面だったり装置がフルオーダーのため発注に時間がかかったりしたため時間がかかるイメージでした。
池袋駅前歯科・矯正歯科では提携した技工所に装置を発注するため時間が大幅にかかることはなく表側矯正と裏側矯正は同じ期間とお伝えしております。
ワイヤー矯正はどの装置を選んでいただいても期間がかわることはあまりありません。

②抜歯矯正
抜歯矯正は主に当院ではワイヤー矯正にて行っております。
抜歯矯正は抜かないと並ばないほどの歯の重なりや、口元を下げたいなどの主訴がある場合行っております。
抜歯矯正は歯を抜かない矯正に比べて期間が長く2年半から3年ほどかかる方も多いです。
期間は人それぞれ違うため、短く終わった!長くかかってる!という声もありますが、持ってる元の歯並びや骨の硬さによって期間がかかります。

③マウスピーズ矯正
マウスピース矯正はマウスピース型の矯正のため装置が目立ちづらく、取り外しができるメリットがあります。
ただご自身で管理していただくものになるため使っていただけなければ矯正が進まないものになります。
来院頻度はワイヤー矯正よりも少ないためメリットとしては来院頻度が少なく、目立たない事があげられますが、ご自身で管理していただくため少しの変化や異変に気付かないまま進めてしまう方も多いです。
ご自身で外せる装置を使っていただくため強い力で動かすのではなく優しい力で少しずつ動かすため、動きも少しゆっくりではあります。
マウスピース矯正は症例が限られているため抜歯矯正や過度な叢生などには向かない傾向があります。
ワイヤー矯正の最後の微調整の仕上げとして当院でも使う事がありますが、微調整に向いているため大きく動かすなどは行っておりません。

④外科矯正

矯正種類
外科矯正には術前矯正、術後矯正があります。歯列矯正だけでは治らない骨格だと外科手術が必要になります。
外科矯正は、顎変形症と診断された場合に適用されます。
期間が3年以上かかることもあり、期間が長いことも特徴です。
顔貌がすごく変化する場合もあるため抵抗がある方も多い施術ではあります。
骨を切るためダウンタイムも長くあります。
ただ骨を切るため症例によっては横顔が綺麗になったりします。
保険適応されるのは術前矯正のみのため、ある程度矯正を終わらせてから手術をすることになります。
自費ですと術後矯正ができるため、歯科医院と相談しながらタイミングをみて手術することができます。

顎変形症は主にしゃくれたように見えたり、出っ歯の状態になる、あごが出っ張って見える、顔が歪んでいるように見える、前歯が噛み合わない発音しにくい、食事中にうまく噛めない、笑うと歯ぐきが目立って見えるあごを動かすと音が鳴る、顎がずれている感じがするなどあります。
人間の骨は左右対称ではないため多少のズレが生じている方が多くいらっしゃいますが、顎変形症と診断される値までいかない場合が多いです。
適応か適応ではないかは精密検査を受けてみないとわからないことが多い為、しっかりとした精密検査をうけてから矯正をするしないを決めた方がいいです。

まとめ

いかがだったでしょうか、一昔前までは表側矯正しかなく私も表側矯正でやりましたが、今は色々な種類があり、選ぶことができます。種類がある分選択肢が増えるため色々迷ってしまう事が多いと思います。
自分にあった矯正器具を選ぶことが大切であり、なにより痛みに我慢できるか先生の指導を守れるか続けられるかが大事になってきます。