menu
close

ブログ

マウスピース矯正ができないケースとは??メリット、デメリットとは??

こんにちは池袋駅前歯科・矯正歯科です。本日はマウスピース矯正でできない歯並びについてお話していこうと思います。
最近流行のマウスピース矯正ですが、すべての症例に対応できるとは限りません。
当院のカウンセリングでもお話はさせていただいているのですが、歯並びによって向き不向きの装置がございます。
審美性に優れ今流行のためカウンセリングにくる方の多くはマウスピースをご希望であることが多いです。
当院では精密検査をしてから先生に診断していただき装置を決めていく場合が多いです。

マウスピース矯正のメリット、デメリットとは

マウスピース矯正

~メリット~
透明 目立たない

①審美性がいい
マウスピースが透明なため見た目は目立たないメリットがあります。ただマウスピースのままお茶を飲んだりすると茶色く染まるため目立つようになります。歯を動かすためのatも透明なものを表につけるため何か凸ボコがある感じはあります。

②取り外しができる
マウスピースは取り外しが自由にできるため、歯ブラシの時やお食事の時にじゃまにならず快適です。
ただ外した際、歯が動いているため、支えがなくお食事の時痛みを感じることがあります。

③金属アレルギーでも使える
ワイヤーの方でも金属アレルギーに対応することはできますが、マウスピースはどこにも金属を使わないためリスクが少ないです。

~デメリット~

透明 マウスピース

①自己管理が必要
ご自身で取り外しができるのでつけない時間を作ることもできてしまいます。
マウスピースは1日20時間以上つけなくては動かないです。合計20時間つけていたとしても、つけたり外したりが多いと動きません。ご自身での自己管理がとても大切になる装置になります。

②症例に限りがある
マウスピースは歯を大きく動かすことが苦手なため、抜歯矯正などには不向きだったりします。
抜歯はスペース管理が大事になるため、取り外しができてしまうマウスピースではつけてない時間に変に歯が動いてしまう可能性があります。

③飲食や歯ブラシの時に外さなきゃいけない
取り外しができるメリットもあるが、外食の際に外してティッシュで包んでお店の方にゴミだと勘違いされ捨てられてしまうこともあります。医院によっては再作製が有料のところもあるためなくされないようにしていただきたいです。

まとめ

マウスピース矯正 メリット デメリット

マウスピースは目立たないなどの審美性の高さから最近はやってきていますが、適応症例がワイヤーよりは少ないため、しっかりとした精密検査と診断が必要になってきます。
そして自己管理のもと行うものではあるため、使わないと動かないものにはなります。
1日20時間以上付けられる方、つけていてもお仕事、学校、趣味などに影響のない方、きちんと自己管理できる方などにおすすめな装置になります。
すこしの叢生などでしたらマウスピースは得意な装置になるため、少しだけ歯並びが気になる方などにおすすめな装置になります。