メニュー

ブログBlog

インプラント矯正って?

こんにちは、歯科衛生士の稲玉です:)
日中の暑さはまだまだ厳しいですが皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回は患者様からの質問が多いインプラント矯正について説明します☺

 

インプラント矯正とは?

ワイヤー矯正・マウスピース矯正と併用してアンカースクリュー(TAD)という小さなネジを骨に埋入します。
そしてそこを固定源としてゴムで引っ張り歯を動かしていく方法です。

 

 

骨に埋め込むって痛いの?

埋入時麻酔して行うのと、アンカースクリューは直径1.6mm~2mm、長さは6~8mm程の小さなネジのため痛みはほとんどありません。
埋入時間も麻酔時間を含め15~30分程で終わる処置になります。
処置後痛み止めと化膿止めのお薬も処方いたします🍀

・除去後の穴は1ヵ月もたてばだんだん塞がってくるのでご安心ください。

 

 

インプラント矯正のメリット

・治療期間の短縮
アンカースクリューを埋入することにより強固な固定が可能になるため、動かしたい歯だけに力を加えられます。
小臼歯を抜歯して前歯を下げる場合、前歯だけを下げたい場合でも従来の治療方法では前歯と奥歯で引っ張るため奥歯も多少手前に引っ張られますが、アンカースクリューを用いることによって奥歯は手前に引っ張られず、前歯だけを後ろに下げることが可能になります。
前歯をまとめて動かすことが可能になったため治療期間の短縮につながります。

・抜歯をしなくても動かせる可能性がある
ワイヤー矯正では奥歯を後ろに動かすのが難しく、従来ではスペース確保のため小臼歯の抜歯が必要でしたが、軽度な症例であればカリエールなどを併用することによって抜歯をせずに直すことが可能になりました。

・ガミースマイルの改善
ガミースマイルとは、笑った時に歯茎が目立つ口元を指します。
治療方法はいくつかありますが、そのひとつにインプラント矯正があります。
限度はありますが、多少であれば前歯を引き上げることによって歯茎がみえにくくなります。

 

 

⚠埋入後の注意事項⚠

・アンカースクリューを入れた後は、出血・化膿の原因になるため舌や指で触ったりしないで下さい。
・処置当日は運動・入浴・飲酒など血行がよくなる行為は控えて下さい。
・翌日以降は歯磨き時にアンカースクリュー周囲も磨いて下さい。
→毛先の柔らかいタフトブラシでやさしく磨くようお願いします。

 

 

アンカースクリューによるトラブル

・口内炎
ネジのような形をしているので頬に引っかかり口内炎ができる可能性があります。

・脱離
ゴムで引っ張るためグラグラしてくる場合がありますが、その場合一度外して別の箇所に打ち直ししていきます。

 

症例写真

このように口蓋の側面に埋入する場合や真ん中に埋入してPLASという装置をつけてゴムで引っ張り、前歯を後ろに下げていきます。
矯正装置や用途によってアンカースクリューの位置は変わります。

 


抜歯が必要な症例はほとんどの方がアンカースクリューを打つ必要があります。
患者様からは、はじめ怖いし痛そうと思っていたが、実際いれてみると違和感があって気になるけど思ったより痛くなかった!という声が多いです☺

治療方法も患者様の歯並びによって変わるので、カウンセリングにてご相談ください🙋

 

 

« »

カウンセリングのご予約
・各種お問い合わせは

WEBからのご予約はこちら お電話でのお問い合わせ・ご予約・無料カウンセリングはフリーダイヤル0120-888-359

ご予約・カウンセリングの
お申し込みはこちら

WEBフォームからお申し込み 電話でお申し込み フリーダイヤル0120-888-359
閉じる