menu
close

ブログ

受け口の矯正をすると顔が変わるって本当?

こんにちは!渋谷矯正歯科です。

本日は「受け口の矯正をすると顔が変わるって本当?」についてお話させていただきます。

 

受け口の矯正治療をしたら「小顔になった!」という嬉しい声も聞けば、「老け顔になった」という後悔の声も聞きます。実際、矯正をして顔が変わることはあるのか気になっている方も多いでしょう。

 

この記事では、受け口の矯正治療による顔への影響について解説します。受け口の矯正治療をしようか迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

顔が変わる可能性はある!

矯正治療によって歯並びを変えることで、顔の印象にも変化が生じることは多いです。

 

 一般的にはきれいな顔つきに変わる!

池袋 矯正 歯並び 

受け口の矯正治療をすると、一般的には顔が小さく見えたり、横顔がきれいになったりするケースが多いです。

ただし、全ての方が顔貌が変わるわけではありません。
前歯を後ろに下げることで唇の突出感をおさえたり、外科治療で骨切りをした場合に顔貌が変わる可能性があります。

また、受け口は下の前歯が上の前歯より前方で突き出ており、いわゆる顎が突き出た「しゃくれ」の印象になりやすく、その多くは顎の骨格のバランスに原因があります。そのため、歯並びと顔の印象を大きく変えるには、下顎の骨を正常な位置に戻す外科治療を伴う場合があります。

突き出た印象の下顎と下の歯並びが正常に収まることで、顔がスマートに見えるようになります。また、横顔もラインが整い、きれいに見えるでしょう。

 

 歯科医師の経験不足で悪い変わり方になることもある

池袋 矯正 歯並び ワイヤー矯正

矯正することで、一般的には良い方向に顔の印象は変わりますが、なかにはマイナスな印象になることもあります。

 

ときどき耳にする「老け顔になった」という理由は、歯科医師の経験不足や技術不足によるものと考えられます。

 

例えば、不必要な抜歯によって下顎を下げすぎてしまうことが挙げられます。頬がこけて見えたり、口角が下がってしまったりすることで老けた印象になりやすいです。

 

また、逆に顔が変わらなかったという後悔の声も聞きます。これは重度の受け口で外科手術が必要にもかかわらず、矯正治療で歯並びだけ治したケースです。骨格に問題がある受け口は歯並びを治しただけでは、しゃくれた印象は変わりません。

 

受け口の矯正で失敗しないためには

時間や費用をかけて治療するなら、後悔のない理想的な歯並びと顔の印象を目指したいですよね。受け口の治療で失敗しないために、次のことに注意しましょう。

豊富な治療実績のある歯科医院で治療する

矯正 歯科 池袋 歯科矯正 歯並び アンカースクリュー 矯正用インプラント

受け口の治療経験が豊富な歯科医院で治療を受けましょう。矯正治療の結果は患者さん本人の努力もありますが、一番は歯科医師の技術によります。

 

経験の浅い歯科医師の場合、理想としていた口元にならなかったり、歯並びは整っても顔の印象が悪くなったりするケースが残念ながらあります。

歯科医師と治療のゴールを共有する

歯医者 池袋 矯正

矯正治療は整形とは違うので、「どんな外見にしたい」などの要望に忠実にこたえることは難しいですが、「何mm口元が下がることで外見がどうなる可能性がある」といったふうに、歯列の変化から外見への影響を割り出すことはできます。

目指す仕上がりを治療スタート前にしっかりと共有することが大切です。

 

まとめ

池袋 矯正 歯科

受け口の矯正をすると、一般的には小顔に見えたり、横顔がきれいに整ったりと顔の印象が良くなることが多いです。

 

しかし、歯科医師の経験不足によって老けた印象になるケースも存在します。

 

受け口の治療で後悔しないためには豊富な経験を持つ歯科医院で治療を受けるようにしましょう。さらに、歯科医師と治療のゴールを共有することで安心して治療を進められます。

 

受け口の矯治療正に興味がある方は、ぜひ渋谷矯正歯科へお気軽にご相談ください。

★矯正治療の料金表は【コチラ

★無料カウンセリングのご予約は【コチラ