menu
close

ブログ

歯科矯正との出会い

皆さん、こんにちは。
池袋駅前歯科・矯正歯科 主任歯科助手の〆田です。
私は15年間アメリカで生活していた為、自分らしく表現しやすい言葉は、どちらかと言うと日本語より英語です。
という事で、今回は日本語と英語を使って、矯正歯科との出逢いから、自分自信が矯正治療を受ける事になったきっかけ、患者様への思い等、お伝えしたいと思います。
読みづらいかもしれませんが、お付き合い頂けると幸いです。

矯正歯科との出逢い・英語との関わり

私と矯正歯科の出逢いは、アメリカから帰国してすぐでした。私は“英語”を活かせる仕事を探していました。
そんな時、「英語を活かして歯科助手をしてみませんか?」という矯正歯科の求人広告の言葉が、私の目に飛び込んで来ました。
私は渡米前に歯科助手として一般歯科で勤めていた事がありました。
その“歯科助手の経験”と“英語”を活かせる医院で、自分のスキルを更に磨いて医院に貢献したいと思い応募し、矯正歯科で勤務する事になりました。
当院では、理事長に同行して海外の学会やアメリカの医療機器の会社見学に参加し、英語を使って様々な貴重な経験をさせて頂きました。日常業務では、日本語が不安な患者様に、英語を交えながらご説明させて頂く事もあります。
アメリカ 矯正 歯科

歯列矯正を始めたきっかけ

私が矯正治療を受けるきっかけになったのは、渡米前に勤めていた歯科医院で、歯科医師から歯並びを指摘された事でした。私自身、高校生の頃から、上の前歯2本が出ている事にコンプレックスを感じていましたが、“矯正=高い”というイメージと、矯正は私にとって“未知の世界のもの”でしたので、中々治療に踏み切る事が出来ずにいました。しかし、歯科医師に指摘をされてから、“歯並びを治したい”という気持ちがさらに強くなり、矯正歯科で働き始めた事を機に、矯正治療を開始しました。

グローバルな未来へ

渡米したばかりの頃、私は全く英語を話すことが出来ず、沢山の辛い思いをしました。
一番辛かった事は、病院で詳しい症状などを上手く伝えられず、医師からの説明も理解出来なかった事です。言語の違いだけで、こんなにも不安な気持ちになるのかと、“言葉の壁”を実感しました。
この経験から、私の様に言葉に自信が無い方でも安心して来院して頂けるよう、患者様の不安を取り除くお手伝いが出来ればと思うようになりました。
治療費に関するご説明から、精神面のケア、アフターフォローまで、少しでも患者様のお力になれるよう努めていきたいと思っていますので、今後とも宜しくお願い致します。

歯医者 矯正 池袋

Self-Introduction

Hi everyone, My name is Shimeta. I am a Chief Dental Assistant at Ikebukuro Orthodontics. I lived in the US for 15 years, so it is easier for me to express my thoughts using English instead of Japanese. Therefore, I will introduce myself using Japanese and English. Some people might have difficulty reading my Japanese, but I would appreciate it if you could bear with me.

My encounter with orthodontics

I first encountered orthodontics when I was looking for a job after returning to Japan from the US. I was looking for a job using English. At the time, I saw an advertisement for orthodontics that said ‘Would you like to be a dental assistant using English?

I applied for the job because I had experience as a dental assistant before moving to the US, so I thought I could contribute to this clinic as a dental assistant while using English. This is why I started working at this orthodontics clinic.

I went to the American Association of Orthodontics (AAO), and also on a tour of a medical equipment company with the Chief Director and some clinic members. I had such an amazing experience using English. I sometimes use English to explain to patients who are not comfortable speaking Japanese at the clinic.

The reason why I started using orthodontics

The reason I starting using orthodontics is that the doctor who I used to work with pointed out my misaligned teeth. I had felt self-conscious about my two front teeth since I was a teenager. I could not decide on doing orthodontics for a while because I had an image that orthodontics was expensive and it was also an unknown world to me. After the doctor pointed it out to me, I started having a strong desire to fix my misaligned teeth.

Looking to the future

When I moved to the US, I had a really hard time because I could not speak or understand English. The hardest experience was when I went to the hospital because I could not explain detailed symptoms to the doctor and could not understand what the doctor was saying. I really felt the language barrier. Working at Ikebukuro Orthodontics, I feel that I can help patients who are not comfortable speaking Japanese to remove their fear of visiting the clinic. I would be so honored to do so. I would like to help patients by explaining the treatment costs, mental care, and after treatment follow up.

Thank you very much!