menu
close

ブログ

矯正装置の見え方について

こんにちは、池袋駅前歯科・矯正歯科の大野です🙋‍♀️

マスクが常識

コロナウイルスが流行、約2年が経ち、マスクも今では常識になりましたね
息苦しかったり、眼鏡が曇ったりと鬱陶しいものではありますが、仕事中もマスクをつけられる事によって周りに気付かれずに親知らずを抜いたり、歯列矯正をすることができるようになりました!😷👏

それによって、コロナ前までは9割以上の方が目立たない装置(裏側矯正やマウスピース矯正)を希望されておりましたが、最近では3割以上の方が表側矯正やハーフリンガル矯正をお選びになられております。

今回のブログでは、【矯正装置の見え方】についてご説明をいたします!

これから矯正をお考えの皆さんはぜひ参考にしてください

矯正装置の見え方

↓↓まずはこちらの写真をご覧ください。

どの装置が目立つのか、一目両全ですね。
逆に、目立たないものは装置が全く見えないので矯正しているかわかりませんね。

マウスピース矯正

マウスピースはほとんど目立ちません😬
ただし、マウスピースをつけたままコーヒーや紅茶、ワインなどの色の濃いものを飲まれるとマウスピースに着色して装置が目立ってしまうことがあります。

マウスピース矯正は、歯にしっかりと力をかけるため、アタッチメントという突起をつけることがあります。
(歯の色に近い色の材料を使用するので大きくは目立ちません)
アタッチメントまた、着色することがあります。

 

表側矯正(ラビアル矯正)

表側矯正 ラビアル 池袋

歯の表側にセラミックでできた白い装置と銀のワイヤーがついています。
昔からあるような銀の装置ではないため、この装置は歯の色と馴染みやすいです🦷
銀のワイヤーが目立って気になる!という方は、追加でお費用がかかりますが白いホワイトワイヤーにご変更も可能です

裏側矯正

池袋 矯正 裏側
裏側矯正(舌側矯正・リンガル矯正)は名前の通り、歯の裏側に銀のブラケットと呼ばれる装置と銀のワイヤーがついています。
前からは装置が見えない為、目立つのを気にされている方には一番オススメです😌💓

ハーフリンガル

もし、お費用を抑えたいけど、目立つのはちょっと・・・という方がいらっしゃれば、ハーフリンガル矯正をお勧めいたします。
ハーフリンガルは、上が裏側、下が表側にブラケットを付ける装置です。
下の歯はふだん唇がある為、表側につけてもあまり目立ちません。
ハーフリンガル 矯正 池袋

今回は当院でお取り扱いのある、3つの矯正装置の見え方についてご紹介致しました。
無料カウンセリングでは、実際に模型をお見せしながらお話をさせていただいております。
見え方以外にも期間や費用など、患者様のお悩み、ご要望にそった装置をご提供しております!
詳しい装置のお費用はこちら>>>

まずは無料カウンセリングでしっかりとお話を聞いていただき、検査後の診断を元にご検討いただくことをお勧め致します。
無料カウンセリングはこちら>>>