menu
close

ブログ

矯正用のネジがあるって本当??

「矯正用インプラント」
「矯正用ネジ」
「歯ぐきピアス」
・・・・・いろいろな呼ばれ方をしている補助装置があるということをご存じでしょうか?
実は、この補助装置はとても有能なのです。
本日は、そんな有能な補助装置についてお話致します!

補助装置ってなに?

池袋 歯科矯正 矯正 歯並び 出っ歯 アンカースクリュー 補助装置 矯正用インプラント

矯正には、メインとなるマウスピースやワイヤー装置の他に、動きをかける為の力を補助する役割を持つ装置があります。
そして、補助装置にもいくつか種類があります。

ボタン型装置

池袋 矯正 ゴムかけ 歯並び

歯の表面にメタルもしくは透明のボタンを接着させ、そこにゴムをかけることでゴムの力を使って対象の歯を引っ張る力を補助します。

カリエール装置

池袋 矯正 カリエール

メタルの板のような装置を歯の表面につけることで、板がついている部分の歯を一気にまとめて引っ張る力を補助します

今回お話する装置がコチラ↓↓

 

アンカースクリュー

池袋 アンカースクリュー 歯列矯正 矯正

「矯正用インプラント」や「矯正用ネジ」と言われることもある装置です。
直径1mm程度の小さなネジを歯ぐきに打ち込んで使用します。

メリット

池袋 歯列矯正 歯科 アンカースクリュー 矯正用インプラント

治療の期間が短縮する

安定しており、より大きな力をかけることができる装置です。
「前歯を下げる」という動きをかけようとした時に、本来であれば前歯と奥歯の力バランスを考慮しながらゆっくり動かさなくてはいけないところを、アンカースクリューを用いることで前歯だけ一気に下げるという効率の良い治療が可能です。
その結果、矯正期間が半年~1年ほど短縮されることがあります。

仕上がりが変わる

例えば、「出っ歯が気になるので下げたい」という患者様で抜歯をして前歯を下げる治療計画を立てたとします。前歯を下げるというのは歯の移動量がかなり大きい治療です。
矯正装置のみで動かして2mm程口元が下がったとした場合に、アンカースクリューを用いると4mm下げられるといったふうに、より的確に動かしたい歯に強い力をかけることで仕上がりも変動する場合があります。

難症例も可能

もちろん全てとは言いませんが、従来だとヘッドギアを用いて治療しないと改善が難しいですとか、外科治療でないと治せないと言われた症例もアンカースクリューを用いることで改善できる可能性があります。
「歯並びが凸凹すぎて他院で断られてしまった」という方や、「ガミースマイルが気になる」といった方におすすめの装置です。

歯の圧下

圧下というのは、歯を歯ぐきの骨の中へ埋め込む動作の事です。
例えば、上の前歯が下の前歯が見えないくらい下がっていて歯ぐきが大きく見えている場合、奥歯が強く当たっていて前歯が噛めない・常に開いている という方は、歯を圧下させることで症状が解消されます。
この動きは矯正装置だけでは困難でしたが、アンカースクリューを用いることで改善が可能となりました。

矯正 歯科 池袋 歯科矯正 歯並び アンカースクリュー 矯正用インプラント
かなり利点の多い装置ですが、骨格や症例によっては使用できないケースもあります。実際に使えるかどうかは精密検査後の治療計画説明時にわかります。

気になる方は是非無料カウンセリングへお越しください☺