menu
close

ブログ

矯正中に虫歯があったらどうする?

矯正をはじめたい!!けれどむし歯がある・・・

こんにちは(^^)/矯正をスタートするにあたってむし歯があった時は先に治す?それとも終わってから?
一般的には矯正をスタートする前にお口の中にむし歯があった場合は先にむし歯の治療を終了してから矯正治療をスタートします。
矯正治療したいけど、矯正治療期間中にむし歯になったらどうしよう、、、と思った経験はありませんか?
当院でのむし歯の対応をご紹介いたします♪むし歯

ワイヤー矯正中にむし歯ができたら・・・

ワイヤー矯正中にむし歯ができてしまった場合はむし歯の大きさと矯正治療期間にもよりますができるだけはやめに治します。
矯正装置がついていない全く関係ない場所のむし歯に関してはそのまま治療をしてもらってかまいません。
もしも、装置がついているところや、ワイヤーが通っていて治療が難しいところに関しては、一度、ワイヤーをはずして処置する必要があります。

矯正治療中のむし歯でもワイヤーはとりはずしが可能なので安心してください。ただ、装置を一度はずすことによって矯正治療に多少のおくれがでてしまうのでしっかり磨いてむし歯にならないように心掛けましょうm(__)m歯

マウスピース矯正中にむし歯ができたら?

マウスピース矯正はお口を機械でスキャンしたデータをもとにマウスピースを作製し、ピッタリと自分の歯に合ったマウスピースで矯正していきます。
矯正途中でむし歯治療をすると、詰め物や被せ物で歯の形が変わってしまいせっかく作ったマウスピースが入らなくなる可能性があります。

トラブルになる可能性を防ぐ為にできればマウスピース矯正を始める前にみつかった虫歯は治療をしていただきます。
また、矯正治療中は歯磨きなどの口腔ケアができていないとむし歯が悪化してしまいます。そのため、事前に治療をしておくことが重要です。

進める場合

また、マウスピース矯正治療中にむし歯になった時にむし歯の進行具合によってはマウスピース矯正を中断することなくそのままマウスピース矯正を進める場合もございます。

マウスピース矯正はマウスピースを一定期間使用すると新しいマウスピースに交換していきます。
新しいマウスピースに交換している段階で、途中でむし歯が見つかった場合でも最終ステップのマウスピースまで進めていくことがあります。
直ぐにむし歯治療するほどではない小さなむし歯は最終ステップのマウスピースの期間が終了してからむし歯の治療をしていただきます。
しかし、むし歯の進み具合によっては一度矯正を中断してむし歯治療をする場合もあります。

中断する場合

痛みなどの症状があるなどむし歯治療が優先される場合は矯正治療を中断することもあります。
ただ、矯正治療による痛みや水がしみるなどの知覚過敏の可能性もありますので気になることがあれば歯科医師に相談してください。

マウスピース矯正のマウスピースは歯にぴったり密着することで矯正力が働きます。
むし歯治療によりマウスピースがきれいにはまらない場合は再スキャンが必要になります。
その場合、矯正期間が長引く可能性がありますのでご注意ください。

矯正治療が順調に進み、歯の重なりがなくなりきれいに並んでくると今まで見えてなかった部分がむし歯だったという症例が多く診られます。
矯正治療前にむし歯のチェックをしても、歯が重なって見えていない部分は判断が難しいです。

マウスピース

むし歯予防をしましょう!

せっかく歯並びを治して見た目を変えるために頑張っているのにむし歯になってお口の中にたくさん金属がみえていたら勿体無いですよね・・・。矯正治療(特にワイヤー矯正)をはじめると装置がつくのでとても磨きにくく汚れがたまりやすくなります。

鏡をみながら1本づつ丁寧に磨いてむし歯にならないように心がけましょう。
池袋駅前歯科・矯正歯科