menu
close

ブログ

矯正歯科で行われる【レベリング】ってなに?

矯正治療の手順で行われるレベリングは、具体的にどのような治療なのでしょうか?

レベリングはどんな目的で行うのか、レベリングで得られる効果や期間について説明します。

レベリングってなに??

池袋 矯正 歯列矯正 歯並び ワイヤー矯正

矯正治療には歯にブラケットといわれる矯正装置を接着して、ワイヤーを通し、歯を正常な位置へ移動させるマルチブラケット法があります。(所謂マルチブラケット法で最初に行われる歯の移動の処置を「レベリング」と呼びます。最初のステップなのでその後の矯正治療をスムーズに行うためのベースとなるとても重要な処置です。

レベリングの目的は??どんな効果があるの?

池袋 矯正 歯並び ワイヤー矯正 

歯列不正の歯は、転移や傾斜、回転(捻転)などが原因で、凸凹としています。

歯列を整えるためには、重なった歯を整えることや、凸凹な歯の高さを挺出(低い歯を引き出す)、圧下(飛び出した歯を押し込む)、傾斜した歯や捻れた歯の向きをワイヤーで引っ張り、歯軸をそろえることが必要です。レベリングは、異常な位置にある歯をまず一直線にそろえ、咬合平面を整えることが目的になります。

レベリングだけでは、抜歯後の歯のスペースや機能的なかみ合わせの状態はまだ整いません。

レベリングを行うことで歯が自然な向きに整うため、全体の歯を動かしやすくなることや、レベリング後の犬歯の移動や前歯の移動などの精密な治療をスムーズに進めることができるのです。

全体的な歯がきれいに並ぶかどうかは、初期に行うレベリングがベースとなるため、治療完了後の仕上がりに差がつきます。

レベリングってどれくらい期間がかかるの?

池袋 歯列矯正 歯並び ブラケット

 

マルチブラケット法で徐々に歯を動かす治療なので、レベリングを行うだけで最低でも約半年〜1年の期間が必要になります。歯列不正の凸凹の状態やかみ合わせの状態、顎の骨格や成長過程によっては、レベリングにかかる期間には個人差があります。

また、レベリングは、歯列を整えるために歯を引っ張るので、痛みが伴うこともあります。痛みには個人差がありますが、食事が辛い時や、痛みを強く感じる場合には、我慢せずに歯科医師と相談しながら、無理のないペースで進めていきましょう。その後の矯正治療の基準となる処置なので、期間が長いと感じる時もしっかりとレベリングを仕上げた方が良いでしょう。

 

最後に・・・

池袋 歯列 

レベリングを行うことでその後の矯正治療がスムーズに進むための初期段階の処置になるため

非常に重要な治療です。歯科矯正でレベリングが行われると、目立った歯列不正が解消されるため、一見きれいに並んでいるように見えます。

レベリングは、あくまで初期の準備段階なので、レベリング後には前歯の審美性を整えることや、かみ合わせや歯と歯の隙間を埋めるための調整が必要になります。

機能性と、美しい理想的な歯並びに仕上げていくためにはレベリング後からが本格的な矯正治療となります。

矯正治療は患者さんと、歯科医院が協力して治療計画を進めることがとても大切です。治療が中途半端になってしまうと、せっかく整った歯列が後戻りすることもあります。治療を途中で中断せずにその後の処置をしっかり進めていきましょう。

また、治療が終わった後も固定のための保定期間や定期的なメンテナンスを継続していくことが大切です。