menu
close

ブログ

矯正中はタバコ吸える?吸えない?

あけましておめでとうございます。寒い日が続きますが今年度も皆様よろしくお願いします。

さて矯正中はなにか制限されることはあるのかよく患者さんから質問をされることがあります。

その中でも多いのがタバコは矯正中吸えるのかという質問を多く頂きます。

タバコだけはやめられない・・・という方も中には多くいらっしゃるのではないのでしょうか?

答えからいってしまうとあまり喫煙はおすすめしていません・・・

さてそれはなぜでしょうか?いくつか喫煙をおすすめしない理由があるのでこれから説明させていただきますね。

笑顔 矯正 池袋

 

①歯や矯正装置に着色してしまう

タバコを吸うと歯や矯正装置に多く着色してくるため歯が全体的に茶色くなっていきます。

喫煙による着色は普通の歯ブラシでは落とすことができず、歯医者さんでのクリーニングが必要になってきます。

装置も一回一回外すことはできないので、隙間に入り込んでしまった着色は出来る限りのお掃除となってしまうためある程度は着色が残ってしまいます。

カレーやコーヒーなどでも着色は着くことがあるのですがタバコが一番とりずらく残りやすいです。

せっかく歯をきれいに動かしていくのに装置のまわりに汚れがついてしまっていては装置が目立つことにもなるので要注意です。

 

②喫煙により歯が動きにくくなる

喫煙をすることにより血行が悪くなり歯の動きが遅くなる傾向があります。歯の動きが遅くなり治療がスムーズに行かず、はじめに予定されていた期間より長引く傾向があります。矯正装置をつけてる期間をなるべく短くしたい・・・!!と思われる方が多いのでこれはかなりつらいと思います。

矯正中は装置の周りのお掃除も難しいため虫歯や歯周病になりやすかったりします。

そこにプラスで喫煙のなるともっとリスクが高くなりトラブルが増え歯を動かすのが遅くなってしまいます。

矯正中はなるべくお口の中を清潔に保っておくことが大事になってきます。

③外科手術の時は禁止

矯正治療を行う際に多い外科手術といえば抜歯です。

抜歯したあとの傷跡を早く治すためにはタバコは控えた方がいいです。

上記で説明したとおりタバコには傷の治りを遅くしてしまう特徴があります。

抜歯したあとは穴があいておりそこに食べ物のカスが入り込んでしまうこともあります、これらを防ぐためにも喫煙はなるべく控え早く傷を治すことをおすすめしています。

池袋 矯正 裏側矯正

いかがだってでしょうか、タバコによる矯正治療への弊害は大きく分けて三つあります。

他にも歯や健康に良くないことがたくさんあります。

なるべく早く終わらせたい矯正治療・・・!!

トラブルや健康被害を防ぐためにも矯正治療と同時に禁煙をスタートさせてみるのはいかがでしょうか?