menu
close

ブログ

歯並びが悪いと歯磨きしにくい??

 

歯並びが悪いと歯磨きしにくい??

歯の磨き方
毎日する歯磨き皆様はだいたいどのくらいの時間がかかっていますか?
一般的には全体(親知らずを含まない28本)を磨くには最低約三分といわれています。
三分をみなさんは長いと感じましたか?短いと感じましたか?
実際私も何分かかるか図ってみたところ5分はかかってました。私は学生時代に矯正してるので磨きにくいところが特にないですが3分はオーバーしてしまいます。そしてフロスや歯間ブラシなど歯ブラシ以外の清掃道具を使えばもっとかかってしまいます。
歯が重なっていたり磨きにくいところがある方はもっと時間がかかってしまいます。
磨きにくいところがあるとそれだけ道具が増え、さらに時間と手間がかかるのです。

磨きにくいところどう磨く?

歯並びが悪い人にはまず「縦磨き」が有効です!普段歯ブラシを横にして歯に沿わせて磨いていると思います、横に当てていると唇側の表面は磨きやすいのですが裏側は磨きにくく、磨き残しが増えてしまいます。特に裏側に磨き残しが多くみられます。
縦磨きは歯にたいして歯ブラシを縦にして立てる様に持ち歯にあて上下に小刻みに動かします。
歯ブラシはこの時歯に対して直角に当てるようにしましょう!
1本1本丁寧に当ててあげることによって磨き残しを防ぎ1本ずつ丁寧に磨くことができます!
磨きにくい重なっているところなどは磨き残しが多いです。
磨く順番としては表から磨いてあげて裏側に歯ブラシは移動させて最後に噛む面を磨いてあげると磨き残しが少なくなります。順番を決めず磨くと磨き残しが増え虫歯や歯周病の原因になることが多いです。

歯ブラシ以外に使うものってある??

歯ブラシ 歯間ブラシ
歯磨きは主に歯ブラシを使っていくと思いますが歯ブラシだけでは歯と歯の間、重なっていて磨きにくいところなどは歯ブラシをどんなに頑張って当てても磨くことができません。
そこで歯ブラシの他に補助道具として使っていくものがあります!
フロス

歯と歯の歯ブラシが届かない狭い箇所に使っていきます。取っ手がついているものもありますが基本は1本の糸になっているものを切って使った方が清潔です。

歯間ブラシ

歯間ブラシは糸だとすかすかな場所に使っていく先に毛が付いている取っ手のあるものになります。
色々なサイズがあるのでフロスだと取りきれないところにつかっていきます。すき間によって適切な大きさのサイズがあるため使い分けていくことが必要になっていきます!

タフトブラシ

タフトブラシは毛が1つの束になってついているヘッドの小さな歯ブラシになります。
磨き残しが多い歯と歯の間や、歯と歯肉の境目をお掃除するのに最適な歯ブラシになります。
矯正でも装置をつけたあと磨きにくい装置の周りなどをこれで磨いてあげることが大切になります。

いかがだったでしょうか毎日する歯磨きだからこそ日々の積み重ねが大切になってきます。
日頃の歯磨きを振り返りつつここで紹介した歯ブラシ以外の道具も是非使ってみてください!

池袋桜咲いてましたー!!暖かくなってきてカウンセリング日和が続いてます!

無料カウンセリングを毎日行っております。ネットで予約承っておりますのでよろしくお願いします!

https://ikebukurokyousei.com/

池袋 桜