menu
close

ブログ

投稿日:2022.4.23

正しい咬み合わせって?

こんにちは!
池袋駅前歯科・矯正歯科です。
今回は、”咬み合わせ”についてお話ししていきます✧

ぱっと見たときに、歯の並びはきれいでも前歯の咬み合わせが深かったり逆に開口といって
上下の前歯に隙間があったりなど、、、全体的な咬み合わせのバランスが崩れることで肩こりがひどくなったりなど身体的な弊害も生まれます。
矯正治療は見た目だけでなく咬み合わせも大事になってきます!

咬み合わせってどこをみているの?

咬み合わせを確認する場合【アングルの分類】というのを使用します。
アングルの分類とは、前から数えて6番目の歯(第一大臼歯)の前後的な位置関係を示したものです。

分類するとこのようになります。
簡単に分けると、、、

Ⅰ級:正常    Ⅱ級:上顎前突(出っ歯)    Ⅲ級:下顎前突(受け口)

【Ⅰ級】

上下の第一大臼歯が正常な位置関係にある

【Ⅱ級1類】

下顎の第一大臼歯が上の第一大臼歯より後ろの位置にあり、上の前歯が前突(出っ歯)している

【Ⅱ級2類】

臼歯の位置は1類と同じで、上の前歯が後退している

【Ⅲ級】

下顎の第一大臼歯が上の第一大臼歯より前の位置にあり、下の前歯が前突(受け口)している


引用元:医歯薬出版

臼歯だけでなく犬歯(糸切り歯)も同じように前後的位置関係をみています。

不正な咬み合わせってどんなものがあるの?

単に「咬み合わせが悪い」と言っても、「浅い」「深い」で見え方や弊害が違います!

咬み合わせが「浅い」

奥歯でカチンと咬んだ状態で、上の前歯が下の前歯に被らずに歯の先端同士でぶつかりあう、
もしくは奥歯は咬んでいるが前歯は咬み合わなく、口腔内が常に見える「開咬(オープンバイト)」の状態
前歯の先端同士がぶつかり合う状態は、縦にかかる負荷に弱い前歯にとって良くない咬み合わせです。
年齢を重ねて歯が弱くなってきた時にヒビが入ってしまったりする可能性があります。

咬み合わせ改善の為の矯正治療方法としては、「ゴムかけ」や「アンカースクリュー」という補助装置を用いる可能性があります。

舌の癖もあるかも?!

開咬(オープンバイト)の場合、幼少期からの舌癖が原因の可能性があります!
もし、ぼーっとしている時に舌の位置が上顎ではない別の場所にあったり、話をしている時や食事をしている時に舌で歯を押す癖などがある場合は要注意です。
舌は筋肉の塊なので、歯を動かせるほどの力を有しています。
舌の癖が原因で歯列、咬み合わせが悪化することは例として多くあります。
矯正治療をした後も、舌癖が治っていないと容易に後戻りを起こしてしまいます・・・・!
舌癖は意識的に治してあげる必要があります。

咬み合わせが「深い」

過蓋咬合(オーバーバイト)とも呼ばれる状態です。

上の前歯が下の前歯に2~3mm被る状態が正常な咬み合わせなのですが、4mm以上被ってしまい、ほぼ下の前歯が見えていない状態がオーバーバイトにあたります。
この場合、下の前歯先端が上の前歯の付け根あたりや歯茎に当たっている事が多いのですが、本来であれば当たるはずのない部位になる為とても負荷に弱い構造となっています。
負荷がかかることで歯列が乱れやすい原因と繋がります。

出っ歯の原因はオーバーバイト?!

実は、オーバーバイトの方は高確率で出っ歯に悩まされています。
その理由というのが、前述した「上前歯への負荷」がかかることでどんどん前歯が突出していきます。
歯肉が弱くなればなるほど乱れる可能性が高まる為、「成人してからより前歯が出てきた」と感じる方もいらっしゃいます。
また、「出っ歯が気になって部分矯正で治した」という場合、部分矯正は咬み合わせの調整ができない為、せっかくお金をかけて出っ歯を治しても数年後に後戻りを起こす可能性がとても高いです。

矯正治療で骨格に適した咬み合わせに!

矯正では、できるだけⅠ級を目指して治療していきますが、元々の骨格や歯の数などによって
難しいケースもあるので、患者さん一人一人に合った最適な咬み合わせをゴールとして進めていきます!

この人の咬み合わせは何級???【クイズ】

これまでのお話を踏まえて当院のスタッフの咬み合わせは何級なのか、当ててみてください☺

 

 

正解は・・・
Ⅲ級です!(^^)!
Ⅲ級を治すためには色々な方法がありますが、ゴムかけをして下の歯を後ろに下げたり
親知らずや前から4番目の歯を抜歯して下げたりなどの治療方法があります(^^)/
骨格性だと外科処置が必要な場合もありますし、歯の軸の問題で受け口になっている場合も
あるので、詳しい診断は検査後になります!👌

まずは無料のカウンセリングにてお気軽にご相談ください^^

 

▷矯正治療の料金表は【コチラ
▷無料カウンセリングのご予約は【コチラ