menu
close

ブログ

保定期間って何?

矯正は歯を動かすだけじゃない

歯列矯正は、歯を動かす治療だけだと思っていませんか?
実は、「動的治療」という歯を動かす治療が終わった後には、必ず「静的治療」という後戻りを防ぐための治療に入ります。

今回は、動かし終わった後の保定期間保定装置についてお話をしていきます。

保定期間とは

歯並びをきれいにした後に、元のガタガタや出っ歯など矯正治療前の歯並びに戻らないよう、保定装置(リテーナー)を使う期間のことを言います。
矯正治療後の後戻りとは?

なぜ矯正後に後戻りするの?

矯正治療が終わったばかりの歯は、まだ顎の骨としっかりくっついておらず、不安定です。
そのため、矯正後装置を外した状態でいると抜歯したところの近くが動いてきてしまったり、口腔習癖(唇をかんだり、舌を前に突き出したり)があると簡単に動いてしまいます。

保定期間はどのくらい?

保定期間はクリニックによって変わってくるかと思いますが、当院では動的治療期間と同じくらい、または、それ+半年とさせていただいております。

大体の患者様は動かした分の期間は保定装置を使用していただいているので、2年くらいは保定期間にあてていただいております。

※こちらは口腔内の状態によって異なるため、すべての患者様が2年というわけではございません。
先ほども説明いたしましたが抜歯症例の方は後戻りのリスクが高くなります。
もちろん保定期間が長ければ長いほど、後戻りのリスクは減ります。

保定装置(リテーナー)とは

保定装置(リテーナー)はきれいになった歯並びを、安定させるための装置です。
様々な種類があり、ワイヤーを使ったものやマウスピース型のもの、接着剤で取り付けをし取り外しができないものもあります。
当院では、クリアリテーナーという歯全体を覆うことのできるマウスピースを使用していただいております。

クリアリテーナについて

マウスピース 池袋 矯正

メリット

  • 透明なので目立たない
  • 違和感が少ない
  • 取り外しができる

透明なマウスピースは本当に目立ちません。何か大事なイベント時や撮影があるときは取り外すことができます。
ワイヤーがついている装置に比べ違和感が少ないです。しかし慣れるまで数日間はしゃべりづらくなることもあります。
取り外しができるので外しているときは好きなものが食べられます。歯磨きもしやすいです!

デメリット

  • 耐久性が低い
  • 取り外しができる

違和感を減らすため、マウスピースは薄いプラスチックでできています。そのため耐久性が低いです。外しているときはケースなどに入れて保管するのが良いでしょう。
また、歯ぎしりや食いしばりの強い方はまうすぴーすがり減ってしまったり、割れてしまうこともあります。その際は、再度型どりをして作り直す必要があります。

先ほどメリットの中にも取り外しができると書かせていただきましたが、これはデメリットでもあります。
一日20時間以上マウスピースをはめなくてはならないため、つけているのが難しい方も中にはいらっしゃるかと思います。そのため、外してつけるのを忘れてしまったりすると後戻りをしてしまうので、気を付けましょう。

最後に

歯 矯正 池袋
矯正治療は歯を動かすだけではありません。
このブログを読んで保定の大切さが皆さんに伝わっていたら、とてもうれしく思います。
保定期間を入れると、4~5年かかってしまう矯正治療ですが、やって損はさせません!
ジムに通うよりも、エステにいくのよりも、満足できるように私たちもサポートさせていただきますので、歯列矯正をお考えの方は、ぜひご相談ください。無料カウンセリングはこちら>>>