menu
close

ブログ

ワイヤー矯正中のお食事について

皆さんこんにちは!池袋駅前歯科・矯正歯科 衛生士の山下です(^^)/
今回はワイヤー矯正中のお食事についてお話していきます!!

矯正中に避けたほうがいい食べ物は?

特別食べられないものはありませんが、ワイヤー矯正中では食べるものにも気を付けて頂きたい事があります。
硬い食べ物や粘着性の強い食べ物などは装置の脱離の原因となりますので、なるべく控える様にしましょう。

矯正中に装置を外しやすい食べ物

  • ◎ガム・キャラメル・ハイチューなど粘着性の強いもの

⇒装置にくっついたりして装置が外れる原因になります。

  • ◎お肉・イカ・タコ

⇒弾力が強い食べ物は小さく切ったり、ほぐしたりして食べる様にしましょう。

  • ◎パン類

⇒かぶりついてしまうと前歯あたりの装置が外れることがあります。

  • ◎硬い野菜、クッキー、アメ

⇒硬いものは小さくして、丸かじりは控えるようにしましょう。
アメは舐めるのは問題ないです、かみ砕かないようにしてください。
飴 池袋 矯正

お食事の注意点

矯正装置の付けたて、装置を調整したての時期は噛む際に痛みや違和感を感じます。
これは他の矯正方法でも同様のことですが、矯正治療の開始後すぐの時期や調整した日から数日間は、硬いものや嚙み切りにくいものは避けることをお勧めします。

装置装着直後、調整後はなるべく柔かいものや消火によいものをおすすめしています(‘ω’)
例:ヨーグルト、うどん、おかゆなど…

口内炎を予防する

口腔内にブラケットやワイヤーなどの装置が付いていると舌やほっぺたに触れることで口内炎ができやすくなります。

  • ビタミンB2やB6を積極的にとる

ビタミン 池袋 矯正
十分な栄養をとることも大事になってきます♪
例:レバー、しいたけ、アーモンド、ピスタチオ、にんにく、マグロ

  • ワックスを利用する

ワックス 矯正 池袋装置を付けたばっかで口腔内がまだブラケットやワイヤーに慣れていない状態が一番口内炎ができやすい時期かと思われます(@_@)
舌や唇など装置が当たって痛い部分の装置に口内炎ができる前にワックスを付けることで口内炎の予防になります♪
ですが、口腔内が装置に慣れるためにもなるべく使わないのが理想です。

どうしても当たって痛くて喋れなかったり、大事な用事がある時などに救急でご使用するのがおすすめです!

私も矯正を始めたばかりの頃は舌に装置が当たって喋るのがとても大変だったことを思い出します(/_;)
ですが必ず慣れてくるので皆さんも頑張りましょう☆彡

最後に、まだまだコロナウィルスの感染拡大が続いていますが皆さん体調には気を付けてくださいね^^