menu
close

ブログ

デンタルフロスと歯ブラシどちらが先?

皆さんこんにちは。
池袋駅前歯科・矯正歯科の大野です。

皆さんはデンタルフロスや糸ようじを使用したことはありますか?

デンタルフロスや糸ようじは、歯ブラシではお掃除がしきれない歯と歯の汚れを取ってくれる優れものです!!
ただ、使い方が違ったり、順番が違うだけで効果を最大限に発揮できないことがあります。
今回は、デンタルフロスについてご紹介いたします。

デンタルフロスと歯ブラシどちらが先?

デンタルフロスも歯間ブラシもちゃんと使っているよ。
という方、あなたはどちらを先に使っていますか?
どちらが先かこの順番が違うだけで、汚れの落ち具合が変わってきてしまいます。
では、さっそく答え合わせです。

より歯垢(プラーク)を落とせるのは・・・
「フロスをしてから歯ブラシ」

つまり、歯と歯の間の汚れを先に落としてからブラッシングをする方が、汚れが落ちるということです。
これはアメリカの歯周病学会での研究され結果が発表されています。
歯ブラシの順番一つで汚れの落ち方が変わってしまいます。
そのため間違っていた方は今日から順番にも気をつけてお掃除をしてみましょう!

デンタルフロス 池袋 矯正

デンタルフロスとは

歯間ブラシは聞いたことあるけど、そもそもデンタルフロスとは何?と思った方はいらっしゃいませんか?
私も歯科業界に入るまでデンタルフロスの存在を知りませんでした。

デンタルフロスとは、歯と歯の間の歯ブラシの毛先が届きにくいところまでお掃除ができるアイテムです。
歯と歯の間は汚れが残りやすく、むし歯や歯周病が発生しやすい場所です。
細いナイロン繊維からできているデンタルフロスを使うとプラーク(歯垢)を効率よく取り除くことができます。

プラークの除去率は歯ブラシのみだと58%、デンタルフロスを合わせて使うと86%になります。
なので、歯ブラシのみの方はまだお口の何にたくさんの汚れが残っているということです。
歯ブラシだけでは完璧に磨けない部分もあるので、一日一回は歯ブラシ前にデンタルフロスや歯間ブラシを使ってみてください。
デンタルフロス 池袋 矯正

デンタルフロス種類

デンタルフロスにも様々な種類がありいろんな形をしています。
指で巻くタイプ、持ち手がついているタイプ、ワックス加工がされているもの、香り付きのものなど。

ご自身のやりやすいものやライフスタイルなどに合わせて使い分けをするのがいいかなと思います。
歯医者やドラックストアでも売っています。
また、東急ハンズやloftだと種類が豊富にあるので、自分が使いたいものが見つかるかもしれません。
フロス 池袋 矯正

最後に

毎日のお掃除とっても大変かと思いますが、ちょっとの工夫で歯が長持ちします。
そのため一日一回のデンタルフロス、デンタルフロスをしてからのブラッシング。
特に虫歯が多い方や、矯正治療中のかたにはぜひ試してみていただきたいです!