menu
close

ブログ

投稿日:2024.6.5

ガチャ歯とは?歯列矯正で治せる?ガタガタ歯並びの原因と治療方法

みなさんこんにちは。
池袋駅前歯科・矯正歯科です。

矯正治療を考える方のお悩みは多岐にわたり、「歯の凸凹が気になる」「嚙み合わせが悪いと感じる」「出っ歯/受け口を治したい」「もっと横顔を綺麗にしたい」等様々です。
その中でも1番悩まれている方が多い「歯の凸凹(ガチャ歯)」についてまとめていきます。

原因から対処法までまとめますので、ぜひご参考ください。

ガチャ歯って?

歯、歯並び、

ガチャ歯とは、所謂「歯の凸凹」です。
正式名称は「叢生(そうせい)」と言い、歯が捻じれたり前後にバラつくように並んでいたりする状態の事を指します。
叢生改善を求めて当院にて矯正治療を検討される方は、全体の6割ほどいらっしゃいます。
それもそのはずで、日本全体での叢生割合は約44%とかなり多くの方が悩まれています。
世界的にみても日本人の叢生割合は多いようです。

叢生の原因

叢生になる原因としては、大きく4つに分けられます。

歯槽骨が小さい/薄い

歯列矯正 歯並び ワイヤー矯正 マウスピース矯正 池袋 矯正歯科

歯槽骨とは、歯が立つ為に必要なU字状の骨です。
歯槽骨を「花壇」と見立てたとき、歯は「花」のように、花壇の中にだけ立つことができます。
つまり、歯槽骨の形状自体が小さかったり、前後の厚みが薄かったりするとそれだけ歯が立てるスペースが限られてしまう為、窮屈になった歯は前後左右に乱れるように生えてしまいます。

歯の形状

歯の本数は、先天性欠損でない限りは皆さん同様の本数です。
しかし、歯の形状には個人差があります。乳歯のように小さいつくりもあれば、しっかりと形成された大きなつくりの場合もあります。歯は、隣接している歯と1点でも強く接してしまえばそこから乱れていきます。
同じ骨格でも、歯の大きさが違えば強く接する点は増える為、結果的に「叢生」の症状があらわれます。

親知らず

池袋 歯並び 矯正 歯列矯正 ワイヤー矯正

「小さい頃はこんなに凸凹じゃなかった」「数年前から凸凹がひどくなった」という場合、親知らずに押されて乱れている可能性があります。

親知らずは、第二大臼歯の奥に生えてくる歯です。しかし、第二大臼歯の奥には歯が生えてこられるほどの歯槽骨が存在しない事があります。その場合でも、歯茎の中で横向きに倒れたまま成長を続けてしまう為、歯茎の中から隣接歯の歯根を押すことで歯根が細く動きやすい前歯部分が少しずつ乱れていきます。
また、しっかりと生えている場合にも、親知らずがあることで窮屈にはなってしまう為、年月をかけて徐々に歯列が押されることがあります。
上記のことから、矯正治療において親知らずは天敵と言えます。

日常の悪習慣

池袋 歯列矯正 歯並び 矯正 ワイヤー矯正

例えば、「乳児時期におしゃぶり/指しゃぶりを手放すことができなかった」や、「食いしばりがひどい」「舌で歯を押してしまう」等、口腔内に負荷のかかる癖がある場合、歯列・嚙み合わせが乱れる原因となります。
この悪習慣は、矯正治療前は勿論のこと、矯正治療後の歯列にも影響を及ぼし後戻りする危険を高めます。

矯正治療で治せるの?

矯正治療でガチャ歯を治す事は可能です。
では、実際にどのような処置が考えられるのか、矯正治療のリスクやおすすめの装置等をご説明致します。

治療のポイントは「スペースをつくる」こと

ガチャ歯は、前述したとおり「歯が窮屈に並んでいる状態」です。
つまりは、歯が並べられるくらいのスペースを作ってあげれば改善できる可能性が高まります。
スペースつくりの方法としては以下があります。

IPR

専用バーを用いて歯の表面(エナメル質)を微量研磨することでスペースをつくる方法です。
一般歯科治療のように深く削るわけではない為、無痛で歯の寿命を縮めることもない安全な処置です。
しかし、逆に考えると「安全な範囲までしか削れない」処置でもあります。1歯1片における最大数値は0.25mmほどとなり、左右から0.25mmずつ削ったとして、1か所に作り出せるスペースは0.5mmが限界となります。
1か所の処置では足りないことが多い為、複数個所に処置を施すことで歯間に余裕を持たせ、並べていきます。

抜歯

IPRを行うだけではスペースが足りない場合に抜歯を行います。
抜歯部位は、基本的には「第一小臼歯」です。小臼歯は犬歯と大臼歯両方の役割を持っているサブ的な歯であり、且つ2本存在する為1本抜いても機能面に支障がありません。
また、矯正治療の観点からみても、「矯正期間の延長を抑制」、「前歯部の後退量が多い」など利点が多い部位となります。

全体矯正がおすすめ

池袋 矯正 歯列矯正 矯正歯科 ワイヤー矯正 マウスピース矯正

歯の凸凹が気になるという方の中にも2パターン存在し、「全体的に凸凹が気になる」という方もいれば、「前歯だけ凸凹が気になる」という方もいらっしゃいます。
前歯だけ気になるという方は「前歯部分矯正」を選びがちです。
結論から言ってしまえば、部分矯正でも並べられる可能性はあります。
しかし、これは「凸凹を改善する」という点のみ着目した場合です。

部分矯正で出っ歯になってしまう?!

そもそも、綺麗に並べられる隙間がない為歯が凸凹になってしまっています。
前歯部分矯正を選択すると抜歯部位は対象外となり、犬歯~犬歯までの計6本のみを矯正しています。抜歯ができないとなるとIPRでスペースをつくる必要がありますが、前述したとおり削る数値には限界があります。
歯の凸凹の度合いがIPRに適していなかった場合、スペースが十分に作り出せない為、歯を並べる為に前歯を外側へ広げるように並べていきます。
結果、歯列は綺麗に並べられても、前歯が突出して仕上がってしまうという事例が多くあります。

自分に合った治療方法で後悔のしない矯正を!

一緒くたに「ガチャ歯」といっても、その度合いは十人十色です。
骨格や歯根の状態そして歯列の状態によっておすすめの治療法は変わってきます。
よくカウンセリング時に「最適な治療法を聞きたい」と仰る方がいますが、カウンセリングでは「口腔内写真」と「問診票」と「口頭での問診」の情報のみとなる為治療法の提案をすることはできません。
有料精密検査(¥38500)を受けることで首から上の骨格や歯根の状態まで確認ができる為、検査後行う治療計画説明のタイミングで治療法を提案致します。
せっかく高額を支払って治療をするのですから、ご自身に合った治療法をご選択いただき後悔のしない矯正を行って頂ければと思います。

★矯正治療費は▷▷コチラ
★カウンセリングのご予約は▷▷コチラ