menu
close

ブログ

インプラントが入っていても矯正できる?

歯を失った時の治療として、今では広く普及している「インプラント」は、骨に直接埋め込むことでまるで自分の歯のように噛むことができる、画期的な治療法です。

このインプラントですが、矯正治療で歯並びを治したいとなった時には、一体どうなるのでしょうか?

今回は、インプラントが入っているけど、矯正したいとお考えの方のために、インプラントと矯正治療についてお話ししていきたいと思います。

 

 

ポイントは矯正治療で歯が動く仕組み

池袋 矯正 歯列矯正 歯並び ワイヤー矯正

 

歯はなぜ、矯正器具で力を加えると動くのでしょうか?これは、歯とその土台の歯槽骨と呼ばれる骨を繋ぐ「歯根膜(しこんまく)」が大きく影響しています。

そもそもこの歯根膜は、歯へかかる強い力を吸収するクッションのような役割や、噛む力を感知して噛みすぎないようにするセンサーの役割を担っている、歯にとって非常に重要な組織です。そして、歯根膜には「長さを一定に保持する」という特性があります。

例えば、歯に力をかけると、圧迫される側の歯根膜は縮み、引っ張られている側の歯根膜は伸びた状態になります。この状態から、歯根膜は両サイドの長さを元に戻そうと、圧迫側には歯槽骨を溶かす細胞を、引っ張られている側の歯槽骨には、新しく骨を添加する細胞を作り出すのです。

歯列矯正は、歯根膜の反応によるこのサイクルによって成り立っていますが、逆にいうと歯根膜がなければ歯は動かないということになります。

 

 

インプラントには歯根膜がない

池袋 歯列矯正 インプラント 矯正 

 

人工の歯根と歯槽骨が直接結合するインプラントには、矯正治療において重要な歯根膜が存在しません。つまり、歯を動かすトリガーとなる歯根膜が存在しないインプラントは、矯正治療では動かすことができないのです。

では、インプラントが入っている場合でも矯正治療は可能なのでしょうか?

 

 

インプラントが入っている場合はどうする?

池袋 矯正歯科 インプラント 歯並び 矯正 

先ほどもお話しした通り、矯正治療でインプラントを動かすことはできません。しかし、例えば奥歯にインプラントが入っていても、前歯のみを動かす「部分矯正」であれば、インプラントを入れたそのままの状態でも矯正治療を受けることができます。

つまり、インプラント以外の歯を動かす治療計画であれば、抜去しなくても矯正治療をすることができるのです。

 

 

セラミックやブリッジは平気?

池袋 歯列矯正 歯並び  補綴 インプラント 矯正 歯列 でこぼこ

 

セラミックなどの被せ物は、歯根膜の存在する天然の歯に被っているため、そのままの状態でも矯正治療を受けることができます。

ただし、セラミックは陶器であることから、矯正器具が脱離しやすかったり、装置を外す際表面に傷ができることがあります。

また、全体矯正の場合には支台となる歯を動かすために、ブリッジの連結部分を予め切断する必要がありますので、どちらの補綴物においても、治療後に再作製する可能性が高いということを念頭に置いておきましょう。

 

まとめ

池袋 矯正歯科 歯並び でこぼこ 歯列 インプラント 

 

インプラントは人工の歯根で、歯を動かすにあたって重要な歯根膜が存在しないため、矯正治療で他の歯と同じように動かすことができません。

しかし、インプラントが入っているからといって、必ずしも矯正治療ができないということではなく、通常の矯正治療よりも慎重な診断と治療計画が必要になりますが、歯並びによってはインプラントを入れたまま矯正治療ができることも多くあります。

まずは治療が可能であるか、どのような治療であるかを知るためにも、インプラントがある状態での矯正治療を希望されている方は、矯正医に相談してみましょう。