menu
close

ブログ

アメリカと日本の歯に対する意識の差

皆さん、こんにちは。
池袋駅前歯科・矯正歯科 歯科助手の〆田です。
今回は、私がアメリカに住んでいた時に感じた、オーラルケアや歯並びに対する日本との意識の違いと、スマイルの重要性についてお伝えしたいと思います。

オーラルケアの意識👄✧🦷

アメリカの医療保険の多くは、歯科治療をカバーしていません。
そのため、歯科治療を保険適応で受ける場合には、別途”歯科保険”に加入する必要があります。
歯科保険に加入する場合、雇用主が契約している保険に入るか、個人で保険会社と契約します。
私自身、歯科保険に加入していましたが、小さなむし歯を治すのに、保険適応で1本$100~$150かかると聞きました。
むし歯等の治療を受けるには費用が大きくかかる為、アメリカで暮らす人の多くは、むし歯などのトラブルがなくてもお口の健康を保つために年に2回程、定期検診で歯科医院に行く習慣があるようです。

また、ホームケアに関してですが私の知人のアメリカ人は5歳の息子に「歯磨きをする前にちゃんとフロスをしなさい。」と、口酸っぱく言っていました。
日本で小さな子供がデンタルフロスを自分で通しているのを見かけたことがなかったので、アメリカ人のオーラルケアに対する意識の高さを実感しました。
また、私がお邪魔したアメリカの家庭では、必ず洗面所にフロスと洗口液が置いてありました。
欧米では、ハグやキスなどの文化があります。そのため、オーラルケアに対する意識が高まりやすいのかもしれません。
私もアメリカに住むようになってから、毎日フロスを通す習慣ができ、10年以上むし歯になっていません。歯を清潔に保つ事は大切だと実感しています。

🦷歯並びに対する意識の高さ🦷

欧米では、矯正治療の重要性が理解されており、歯並びや咬み合わせを治す事は普通の事だと認識されているように感じます。
例えば、小・中学生が昔ながらの金属の矯正装置を歯の表側につけているのをよく見かけました。日本では表側に目立つ装置を付けるのに抵抗を感じる方が多い様に感じます。しかし、アメリカでは歯並びが悪い事は”貧しくて歯列矯正も出来ない家庭”と見られる傾向にあり、矯正治療は一種のステータスだと考えられているのです。
日本も昔に比べると歯列矯正をしている方が増えてきたとは思いますが、更に多くの方にとって矯正治療が身近になる事を願っています。

矯正 池袋 歯

スマイルの重要性😁✧

多民族国家のアメリカにとって笑顔(スマイル)はとても大切なコミュニケーションツールです。
他者に対して笑顔を向けるのは、コミュニケーションを円滑にするのと同時に、敵対心を持っていない事を示すためです。言葉を必要としない非言語コミュニケーションは、多民族国家において信頼関係を築く上で、とても大切なのです。
笑顔で挨拶されると気持ちが良いものですが、歯並びが良く、白くてピカピカの歯だと、より良い印象を与えることができます。

当院では、歯列矯正のご相談はもちろん、ホワイトニングのご相談も無料で承っております。
カウンセリングをご希望の方は、ホームページ、またはお電話でご予約を受け付けておりますので、お気軽にお問合せ下さいませ。カウンセリングの予約はこちら>>>

白い歯と綺麗な歯並びで、素敵な笑顔を手にいれませんか?
矯正 池袋 歯列矯正 ワイヤー矯正