メニュー

よくある質問Q & A

マウスピースのアタッチメントとは何ですか?

マウスピース型矯正(インビザライン )で使用するアタッチメントとは、マウスピースが歯にしっかりと固定され、歯を動かすための圧力がかかるように設置する白い突起物のことです。直接歯に接着します。

アタッチメントはどのようなもの?

アタッチメントはどのようなもの?

アタッチメントは歯とほぼ同色の樹脂でできており、治療後には撤去します。 治療計画の際に歯をどのように動かしていくかを決めますが、その動かし方によってアタッチメントの形状・数・設置場所を 決めていきます。

アタッチメント自体は歯の表面につくので、舌で触った際に少し違和感がありますが、普段はマウスピースが被さるので、それほど気にはならなくなります。ブラッシングの際などには食べ物が残らないよう、丁寧に磨くようにしてください。

アタッチメントの役割は?

アタッチメントの役割

アタッチメントがあることで、歯にかかる力を細かく調整することができます。設置すると効果的に歯を動かしていくことができるので、アタッチメントはマウスピースの矯正能力を強めてくれる大切な要素です。

接着する位置や個数に関しては、症状や治療計画によって異なりますが、前歯部分にアタッチメントが来る場合には、凹凸が多少目に付く場合があります。当院では治療の内容は重視しつつ、できるだけアタッチメントが目立たないよう治療計画を練っていきます。

アタッチメントの効果

マウスピースアタッチメントイラスト

アタッチメントはその形状や歯に設置する場所、個数によって マウスピースの矯正力をコントロールします。例えば図のように設置されたアタッチメントには 歯に対して斜め上から押すような力がかかり、歯の傾きを正しい傾きへ修正していく役割を果たします。

カウンセリングのご予約
・各種お問い合わせは

WEBからのご予約はこちら お電話でのお問い合わせ・ご予約・無料カウンセリングはフリーダイヤル0120-888-359

ご予約・カウンセリングの
お申し込みはこちら

WEBフォームからお申し込み 電話でお申し込み フリーダイヤル0120-888-359
閉じる